SSブログ

「暗闇の丑松より 初姿丑松格子」(1954年作品)感想 [映画]

滝沢英輔監督による日本の時代劇映画。出演は島田正吾、島崎雪子、辰巳柳太郎。

<あらすじ>

深川の料理人丑松は、女中のお米と祝言を上げることになっていた。お米を狙う巳之助は、三両のかたにお米を渡せと意気込むが、さすがに三両では話が合わない。皆に止められ大人しく引き下がるほかなかった。丑松とお米は無事に祝言を上げて、お米の母お熊の家の二階に新居を構えた。

ところが巳之助はまだ諦めていなかった。彼は今度は力づくでお米を奪おうとやってきて、止めるお熊を突き落として殺した。駆けつけた丑松は激情に駆られて巳之助を刺し殺した。自首しようとする丑松を逃がしたお米は、料理人の元締めの四郎兵衛に騙されて女郎にさせられた。

二年が経過してお米恋しさに江戸に舞い戻った丑松は、女郎になったお米の姿に愕然とした。お米は恥ずかしさに耐えかねて自殺した。事情を知った丑松は、四郎兵衛とその妻を刺し殺し、お米の墓前で泣き崩れた。

<雑感>

良いドラマだ。変なヒューマンドラマよりよほど人間らしい。人間て何かねって話だ。人間には理想というものがあるが、これが理想だと勝手に極められたり想像を演じるように生きることが理想的であるわけがないのだ。現代社会ってよほど狂ってるんだろうな。

愛や憎しみが入り乱れるこの作品は、舞台で練られたお決まりの演出、いわば古いテンプレの塊に過ぎないのかもしれないが、しょうもないだ学教授やマスコミが勝手に作り上げた理想なるものを押しつけられる現代社会よりよほど理想的ではないかと思えてならない。

丑松もお米も庶民で、西洋的ヒューマニズムがあるわけではない。でも、惚れた女のために働く、惚れた男が罪に問われるのが嫌で逃がす、それを恫喝に使われて女郎にさせられても文句を言わない、女郎姿を夫に見られて絶望する、妻を死なせたのは自分だと後悔しながらも騙した男だけは絶対に許さないと匕首で刺し殺す。このドラマの中にある愛情の深さこそ人間性じゃないのかな。

☆5.0。お米役の島崎雪子さんが眩いばかりに美しい。あーオレも丑松になりてぇ。あれだよ、「七人の侍」(1954年作品)で利吉の女房を演じた女優さんだ。あの演技は凄かったよなー。








MOSSY OAK シースナイフ フルタング構造 天然ウッドハンドル 全長275mm 【ケース付き】

MOSSY OAK シースナイフ フルタング構造 天然ウッドハンドル 全長275mm 【ケース付き】

  • 出版社/メーカー: HANGZHOU UNITED ELECTRIC MANUFACTURE CO.,LTD
  • メディア:



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。