SSブログ

「夜歩く男」(1948年作品)感想 [映画]

アルフレッド・ワーカー監督によるアメリカのサスペンス映画。出演はリチャード・ベースハート、スコット・ブラディ、ロイ・ロバーツ。

<あらすじ>

ロス警察のマーティ・ブレナンとチャック・ジョーンズは、証拠を残さず犯行を繰り返す殺人者に手を焼いていた。あるとき窃盗でモーガンという男を捕らえたが、チャックが油断している隙に彼は逃走してしまった。モーガンはさらに強盗を繰り返し、証拠をまるで残さない。

もしやと気づいたマーティとチャックは、モーガンが元警官ではないかと推測して近隣の警察署に似顔絵を回して最近辞めた警官がいないかと尋ねたところ、該当する人物が見つかった。郵便配達から似た人物がいるとの証言を得た警察は周囲を包囲して男を追い詰め、下水道に追い詰めるとようやく逮捕にこぎつけた。

<雑感>

ドキュメンタリータッチで作った作品で、モキュメンタリーの走りであろうが、いまのものと違うのは、テレビや映画風のドキュメンタリーであるという点だ。だからナレーションが入っており、ロスのこんな刑事がこんな犯人を追い詰めて逮捕しましたと、ニュースのようにまとめられている。

いまの脚本ならば犯人が独りで犯行を準備しているシーンなどは映像が残らないからと脚本に入れないはずだが、1948年当時の人間は映像作品に慣れておらず、すぐに感情移入して細かいことは考えないので、犯人が緊迫感溢れる顔で何かやっていると、それを誰が映しているのかなど考えなくなるのだ。

☆3.6。まぁそんな時代の、ちょっと中途半端なセミドキュメンタリー風の刑事ドラマであった。








【Amazon.co.jp限定】 ヤマモリ タイカレー&ガパオごはん 全10品セット

【Amazon.co.jp限定】 ヤマモリ タイカレー&ガパオごはん 全10品セット

  • 出版社/メーカー: ヤマモリ
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。