SSブログ

「72時間/リバース」(2012年作品)感想 [映画]

モジコ・ウィンド監督によるアメリカ・イスラエル・ベルギーのサスペンス映画。出演はサーカス・スザルースキー、ジョン・ブロディ、ステファニー・チャイコフスキー。

<あらすじ>

トムは突然逮捕された。テロリストの容疑が掛かっているという。誤認逮捕の可能性があると釈放されたが、腹ただしさが収まらないトムは、捜査官のローズと父を誤認逮捕で亡くしたジェシカの協力を得て新犯人を捜し始めた。ところが犯人はFBIの中にいた。トムは嵌められたのだ。

彼らを追い詰めて御用となる。

<雑感>

犯人が誰なのかわからなければまだしも、途中から犯人が出てきてベラベラ喋っているんだね。酷い構成だったよ。犯人がわかっているから、白けることこの上ない。

テロ事件以降警察が各地で誤認逮捕を連発しているのは、警察内部にテロに関与した人間がいるとの陰謀論が背景にあるようだ。司法が乗っ取られていると訴えているわけだが、そうやって2020年のアメリカ大統領選挙の不正に繋げていったのかとも邪推できる内容。

☆1.0。面白くはない。盛り上がりもない。だって犯人がわかってるんだもの。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。