SSブログ

「ブルー・ダイヤモンド」(2018年作品)感想 [映画]

マシュー・ロス監督によるアメリカのスリラー映画。キアヌ・リーブス、アナ・ウラル、パシャ・D・リチニコフ。

<あらすじ>

アメリカ人の宝石商ルーカス・ヒルは、ブルーダイヤを求めてロシアへ渡った。しかし電話を掛けてきた相手は不在。彼は売却を考えているマフィアに話を持っていった。相手は48時間以内に持って来いと要求を突き付けた。飛行機に乗ろうとすると欠航になり、仕方なくカティアという女性の家に泊まった。

肉体関係になったカティアは家族ぐるみで歓迎してくれたが、ダイヤのことがあるのでルーカスは飛行機に乗った。クライアントはやはり不在。しかし青い蝋燭を壊してみると中からダイヤが出てきた。ダイヤは本物。しかしカティアとの関係でいつしか偽物にすり替わっていた。

ところが売却先の相手が鑑定したところそれは本物だという。相手は喜んでロシア流のもてなしである恋人同士を入れ替えたフェラチオを要求。カティアはマフィアのボスの相手をさせられた。

帰ろうとしたところ、ロシアの警察から偽のブルーダイヤをマフィアに売りつけてその金を警察に振り込んでくれと頼まれた。断るわけにもいかずまた相手に売りつけた。マフィアはルーカスを信用して鑑定なしで買った。しかしバレてしまい、マフィアは軍団を率いて殺しに来た。

ルーカスは射殺された。

<雑感>

なんだよこれwww 酷い脚本。いろいろ散漫すぎる。何がしたいのかまるで分らない。感想もへったくれもあったもんじゃない。どうすりゃいいんだよ。

☆1.0。事件がもつれるわけでもなく、因果がもつれるわけでもなく、ただ知り合ったロシア女とセックスして、ロシアの警察の言いなりにしたら殺されたってだけ。なんなんだよ。


【Amazon.co.jp限定】 【セット商品】ハーゲンダッツ ロングセラーセレクション ×12個

【Amazon.co.jp限定】 【セット商品】ハーゲンダッツ ロングセラーセレクション ×12個

  • 出版社/メーカー: ハーゲンダッツジャパン
  • 発売日: 2021/03/20
  • メディア: 食品&飲料






ゴディバ (GODIVA) カップアイス 9個入

ゴディバ (GODIVA) カップアイス 9個入

  • 出版社/メーカー: ゴディバ (GODIVA)
  • メディア:



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。