SSブログ

「最後の猿の惑星」(1973年作品)感想 [映画]

J・リー・トンプソン監督によるアメリカのSF映画。出演はロディ・マクドウォール、リュー・エアーズ、ジョン・ヒューストン、ポール・ウィリアムズ。

<あらすじ>

シーザーの猿の惑星宣言に端を発した猿の反乱は、最終的に核戦争に繋がり、地上の生物は死んでいった。地上は猿の惑星となり、生き延びた人間はミュータントとなって地下に潜伏した。シーザーとミュータントの戦いが起こり、さらにシーザーを巡って猿同士の争いも勃発した。

シーザーは母ジーラが「猿が地球を滅ぼす」と証言しているテープを発見して、猿と人類の融和を試みた。戦いの末に人類と仲直りを果たしたシーザーは、戦争の終結を宣言して未来は変わった。600年後、猿と人間は一緒に教育を受けるようになっていた。

<雑感>

この最終作は本当に駄作。核戦争の恐怖が薄らいでしまっている。猿と人間との戦いで核兵器が使われたと劇中で断言してしまったために、第1作で物語の背景として描かれた「米ソ冷戦のようなことを続けていたら人類は猿にも劣る立場になるぞ」との警告が意味をなくしてしまったのだ。

猿と戦って核兵器を使用したというのなら、猿を滅ぼせばいいという話になって、巡り巡って核兵器の肯定に繋がってしまう。あくまで人間同士が戦って、人類滅亡後の世界で猿が指導的立場に立った、猿は人間を他山の石として慎重に社会を運営しており、平和で文明的な社会を維持しているとしなければならなかった。それが本来の「猿の惑星」の趣旨なのだ。

☆3.5。作るたびに低レベル化していった本作だが、それでも今なお色褪せないテーマ性を持った古典SFの傑作、それが「猿の惑星」なのだ。


GODIVA ゴディバ マスターピースシェアリングパック 45粒入

GODIVA ゴディバ マスターピースシェアリングパック 45粒入

  • 出版社/メーカー: ゴディバジャパン
  • メディア:






資生堂パーラー ラ・ガナシュ14個入

資生堂パーラー ラ・ガナシュ14個入

  • 出版社/メーカー: 資生堂パーラー
  • メディア:






コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。