SSブログ

「サイレンサー 第2弾 殺人部隊」(1966年作品)感想 [映画]

ヘンリー・レヴィン監督によるアメリカのスパイコメディ映画。出演はディーン・マーティン、アン=マーグレット、カール・マルデン。

<あらすじ>

世界征服を狙う悪の組織が怪光線を開発した。彼ら国際スパイの暗殺を開始。マット・ヘルムも命を狙われた。世界征服を狙う富豪ウォールの罠に対してマットは果敢に挑み、会場での戦いを制した。

<雑感>

☆2.0。さらにクオリティが低くなる。この手のパロディ映画は時間が経過すると一気に色あせるものだ。面白くもなんともない。











コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。