SSブログ

「ポパイ」(1936年作品)感想 [映画]

デイヴ・フライシャー監督によるアメリカのアニメ映画。

<雑感>

「ポパイのアリババ退治」「ポパイの船乗りシンドバッド」(1936年作品)「ポパイと魔法のランプ」(1939年作品)をひとつにまとめた50分ほどの作品集。おそらくはDVD版。

なぜかブルートが主役の位置にあって、彼がアリババ、シンドバッド、アラジンと3役をこなし、それにポパイとオリーブが絡んでいく展開。ほうれん草の缶詰でパワーアップして最後にやっつけるところなど話は共通している。

ポパイの声優は浦野光のはずだが、テレビ版より若干声が低い気がする。














コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。