SSブログ

「カウボーイ」(1958年作品)感想 [映画]

デルマー・デイヴィス監督によるアメリカの西部劇映画。出演はグレン・フォード、ジャック・レモン、アンナ・カシュフィ、ディック・ヨーク。

<あらすじ>

ホテルのフロントで働くハリスは、メキシコ人の宿泊客ヴィダルの娘マリアと恋仲になっていたが、そこに牛の運び屋のリースが戻ってくると聞かされた。一生ホテルマンで終わるつもりのないハリスはリースに共同出資者になるからと金を預けて、牧童になりたいと申し出た。リースはその金を博打ですってしまい、仕方なく彼を連れていくことにした。

メキシコでヴィダルの農場に着いたハリスはマリアと再会したものの、マリアはすでに結婚していた。ハリスはマリアの結婚相手に忠告されながらもなんとかマリアとふたりきりで逢った。しかしマリアは父には逆らえないとハリスの申し出を断った。

若いハリスは問題を多く起こし、経験も足らなかったが、リースが負傷した後は彼の後を引き継いでキャラバンを運営した。途中で牧童たちがどんどん離れていくことになったが、リースとハリスは何とか元のホテルに戻ってきた。そして、リースはハリスを共同経営者だと認めた。

<雑感>

ハリスという男の成長物語であった。ひとりの男がカウボーイになるまでの物語なのだろう。牛を運搬する牧童の仕事は、たびたび西部劇のテーマになる。カウボーイが武装しているのは、運搬中に先住民や悪党に襲撃されて荷を奪われてしまうからだ。

しかしこれはカウボーイってもんに思い込みがないと楽しめない作品じゃないかな。白人の男が、認めるの認めないのと劇中でやられても、何の感慨も湧かない。

☆2.3。アメリカ人のマッチョなお父さんが息子に見せたい西部劇みたいな立ち位置の作品だと推測する。


東京マルイ No.2 ワルサーP38 10歳以上エアーHOPハンドガン

東京マルイ No.2 ワルサーP38 10歳以上エアーHOPハンドガン

  • 出版社/メーカー: 東京マルイ(TOKYO MARUI)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



東京マルイ No.16 H&K USP 10歳以上エアーHOPハンドガン

東京マルイ No.16 H&K USP 10歳以上エアーHOPハンドガン

  • 出版社/メーカー: 東京マルイ(TOKYO MARUI)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



SAA.45 ピースメーカー シビリアン HW発火モデルガン 組立キット

SAA.45 ピースメーカー シビリアン HW発火モデルガン 組立キット

  • 出版社/メーカー: ハートフォード
  • メディア:



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。