SSブログ

「エクスポーズ 暗闇の迷宮」(2016年作品)感想 [映画]

デクラン・デイル監督によるアメリカのスリラー映画。出演はキアヌ・リーブス、アナ・デ・アルマス、ミラ・ソルヴィノ。

<あらすじ>

スコッティ警部は相棒のジョーイを地下鉄で殺された。彼はハーレムで何か調べ物をした後に殺されていた。続いて情報屋のウォルシュも殺された。どうやらジョーイは麻薬の売人からピンハネしていたらしく、それが知れると遺族が年金をもらえなくなるからと上司に釘を刺されて彼は調査を開始した。

ジョーイが撮影したクラブから出てくる若者の写真を当たるものの、誰もまともに話してくれなかった。ジョーイはレイプ魔で、だれからも嫌われていた。スコッティは、事件現場にあった指輪にイザベラの名前があるのを見つけて、当人を割り出した。

イザベラは、ジョーイが殺された日に地下鉄の構内で宙を浮くキリストを見たと話している人物だった。しかし、戦地に赴いた夫を待つ敬虔な妻であるイザベラは、その日、ジョーイにレイプされていたのだ。そして護身用のナイフで彼を刺し、線路に投げ入れた。

敬虔な彼女は現実を受け入れられず、キリストの物語を作っていたのだ。

<雑感>

キアヌ・リーブス活躍せず。事件は何も解決せず。何だったんだ? 唖然としたわ。

イザベラってのも、敬虔な女性ってことになっているが、クラブに出入りして遊んでいるし、そんな敬虔にも見えないし、殺されたジョーイがクソだってだけの映画だった。

これって、アメリカの左翼が警察を憎むだけのないようじゃないの? こうした作品で洗脳された連中がBLMなんかをやっている気がする。ハリウッドは何年も前からBLMの準備を整えてきたのではなかろうか。と、勘繰らねば納得できないほど内容が薄い。キアヌ起用の意味は?

☆1.0。そこそこちゃんとした映画がテレビドラマ以下の内容とは驚く。





ルタオ LeTAO ドゥーブルフロマージュ

ルタオ LeTAO ドゥーブルフロマージュ

  • 出版社/メーカー: 株式会社ケイシイシイ
  • メディア: その他



資生堂パーラー チーズケーキ6個入

資生堂パーラー チーズケーキ6個入

  • 出版社/メーカー: 資生堂パーラー
  • メディア:



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。