SSブログ

【リベラルの病魔】サウスダコタ州バイデン法案を否定 [政治]

今回からトランプの選挙からは離れて、現代社会に巣くうリベラルの病魔についてまとめていくことにした。バイデンが署名した「女性スポーツの大会へのトランスジェンダー男性の出場を認める」法案に対して、サウスダコタ州が反旗を翻したという記事の紹介。

記事:https://thepostmillennial.com/breaking-south-dakota-governor-kristi-noem-to-sign-bill-to-protect-womens-sports

以下機械翻訳。

サウスダコタ州知事クリスティ・ノーム知事が、女性のスポーツを保護する法案に署名

サウスダコタ州知事のクリスティ・ノームは、生物学的男性が女性の陸上競技に出場することを禁止している州に彼女の州が加わることを発表しました。サウスダコタ上院は20-15票でスポーツの女性の公平性法案を可決しました。これは、彼女の署名のためにノームの机に向かっていることを意味します。

サウスダコタ州は、トランスジェンダーが女性と少女と競争し、他の方法では自分の分野でトップになる生物学的女性の代わりにチャンピオンシップを獲得することを認める男性の身体の人を禁止する他のいくつかの州に加わります。

この反発は、ジョー・バイデン大統領の大統領命令「性同一性または性的指向に基づく差別の防止と闘い」に対する反応であり、性同一性を生物学的性と同一視することを目的としており、政策と教育の観点からこの2つを区別できません。

アラバマ州は最近、成人以外の人にホルモン療法と手術を行うことを重罪にすることを決議しました。投票は、脆弱な子どもの思いやりと保護法と呼ばれる法案の承認に賛成して、23対4の色で可決されました。

ミシシッピ州では、生物学的女性以外の女性のスポーツを禁止する法案は、法制化からの小さな一歩であり、州議会議事堂を同様に広いマージン81-28で通過させています。法案は、テイト・リーブス知事に送られます。テイト・リーブス知事も、問題なく署名することが期待されています。

アイダホ州はまた、バー7月2020年にはアイダホ州でも、自分の出生証明書に記載されているセックスを変更トランス特定された人を禁止しているが渡された法律を、女性のスポーツに参加するトランスジェンダー識別男性を。

他の州は、女性と少女が他の女性と少女だけと運動的に競争することを許可する法律を作ろうとしました。でモンタナ、その法律が僅差で失敗しました。

コネチカット州では、トランスジェンダーであると特定された生物学的男性が女性と少女と競争することが許可されており、高校の女性アスリートは、公民権法のタイトルIXに基づく権利侵害を主張して州に対して訴訟を起こしました。

<雑感>

スポーツの女性大会に男性の出場を認める大統領令はすでに署名されていて、多くの州で男性が「心が女性」との理由で女子大会に出場している。MMAの大会では、出場した男性が女子選手の頭蓋骨を骨折させる事故も起こっている。事故というより、思想犯罪だと思うが。

多くの問題があるこれら行き過ぎた「少数者救済」の流れに対して反旗を翻しているのが現在6州。それ以外の州では、女子大会に男が出場して、女性が得るべきものを奪い続けている。

これがフェミニズムという思想的失敗が行き着いた先の社会である。





京都フレーバーズ ホワイトデー 京都錦ろーる

京都フレーバーズ ホワイトデー 京都錦ろーる

  • 出版社/メーカー: 株式会社京都はんなり本舗
  • メディア: その他









コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。