SSブログ

「あしたのパスタはアルデンテ」(2010年作品)感想 [映画]

フェルザン・オズペテク監督によるイタリアのコメディ映画。出演はリッカルド・スカマルチョ、ニコール・グリマウド、アレッサンドロ・プレツィオージ。

<あらすじ>

パスタ会社を経営するカントーネ家の次男トンマーゾは、兄アントニオの社長就任の祝賀会のために帰省した。ゲイである彼は兄に明日両親に打ち明けると話した。するとアントニオは祝賀の席で突然自分はゲイだと言い出して父親を卒倒させた。兄はその日のうちに出ていった。

会社はトンマーゾが継ぐことになった。会社は有能なアルバのおかげで何とかやっていけた。トンマーゾは恋人マルコに会えなくてつらい気持ちを物分かりのいい祖母に話した。祖母はゲイ兄弟のことを理解した。トンマーゾは自宅にマルコらゲイ仲間を呼び寄せた。

祖母は自分の気持ちに正直にあれと言い残して死んだ。遺言でアントニオに土地を遺し、家族仲良くしろ、子供を許せと言い残した。家族は和解への道を歩み始めた。

<雑感>

ゲイ多すぎだろ。こんなん親にとっては地獄やんけ。

☆2.4。白人はもうダメだってサインが出てるんじゃないかな。白人はタップしてるんだよきっと。














コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。