SSブログ

「はたらく細胞BLACK」(2021年冬作品)第11話 感想 [アニメ/特撮]

第11話「自暴自棄、痛風、反乱。」

saiboub.jpg


<あらすじ>

左脚親指に未知の細菌が侵入してきた。白血球でも歯が立たず、人体内は第一種戦闘配備が発令された。

そのころ友人を失った赤血球は、自室に閉じこもり自暴自棄になっていた。生きる意味を見失った彼は、脾臓まで歩いていって赤脾髄に自分を処理してくれるよう懇願した。これに対して赤脾髄は、命ある限り働けと命じるのだった。

未知の最近の正体は、結晶化した尿酸であった。白血球たちは体内物質を外部の敵だと勘違いして、通風を引き起こしていたのだ。白血球は攻撃をやめて、事態は落ち着きを取り戻した。しかし赤血球は限界だった。彼は人体を攻撃し続けた。その姿に心を痛めた白血球は、彼を強く抱きしめた。

<雑感>

そうだったのか。オレも映画ばっかり見て運動不足だから気を付けよう。世のおっさんたちがやたらとプリン体を気にしていたのは、通風を恐れていたのだな。痛風なんてデブがなる病気だと思っていたから、全然気にしていなかったわ。うまみ成分がいかんらしいが、味の素はどうなんだろう?

不摂生につぐ不摂生であらゆる病気になってきた宿主だが、来週ついに死ぬらしい。ちょっと楽しみ。そしてオレは運動しよう。


はたらく細胞BLACK(1) (モーニングコミックス)

はたらく細胞BLACK(1) (モーニングコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/07/09
  • メディア: Kindle版



はたらく細胞BLACK(2) (モーニングコミックス)

はたらく細胞BLACK(2) (モーニングコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/09/21
  • メディア: Kindle版












コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。