SSブログ

「欲望の航路」(2014年作品)感想 [映画]

ルーシー・ボレト監督によるフランスのファッキン映画。出演はアリアーヌ・ラベド、メルヴィル・プポー、アンデルシュ・ダニエルセン・リー。

<あらすじ>

機関室の乗員に空きができたことで、アリスは船で働けることになった。アリス「ゴー、ファッキン!」あとはひたすらファックしまくる。

<雑感>

☆0.0。なんだよ、これ。やっぱり政府の補助金で映画を作ってる連中はあかんな。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。