SSブログ

「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3」(1991年作品)感想 [映画]

チン・シウトン監督による「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」シリーズ第3作。出演はトニー・レオン、ジョイ・ウォン、ジャッキー・チュン。

<あらすじ>

ニンの事件から100年後。僧侶と少年が旅をしていた。彼らは仏像を持っていたが、術師の手に掛かって彼らの持ち物が全部民衆に見えるようになってしまった。民衆はそれらを求めてふたりを追いかけた。寺へ逃げ込んだふたりは精気を吸い取る女妖怪に遭遇した。僧侶は彼女と対決した。

戦いの最中に仏像を壊されたことで僧侶の力が弱まり、別の妖怪に誘拐された女妖怪を助けることができなくなった。少年は女妖怪を好きになっていたので仏像を元通り修理しようとするも上手くいかなかった。僧侶は何とか女妖怪を誘拐した悪鬼を倒した。女妖怪も無事だった。

<雑感>

この辺りになると焼き回しが酷くて、設定上のことはわかるけれども、第1作の新鮮さが失われてしまっている。かといってそれほど新展開もなく、ニンに代わるキャラも定着しなかった。

☆3.2。美しい女性がたくさん出演しているが、あまり個性ってもんがないな。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。