SSブログ

「ポリス・ストーリー / 香港国際警察」(1985年作品)感想 [映画]

ジャッキー・チェン監督による香港のアクション映画。出演はジャッキー・チェン、トン・ピョウ、マギー・チャン。

<あらすじ>

麻薬密輸事件解決に活躍した香港国際警察のチェン・カクーは、上司の指示で記者会見を行うことになった。警察が彼を模範的な警官として宣伝に使うためだった。

事件の黒幕の秘書を務めていたサリナの身柄を抑えた警察は、犯人側にサリナが寝返ったと見せかけ、サリナには犯人が彼女の命を狙っているかのように工作してサリナの協力を取り付けた。チェンは、サリナの護衛役を務めることになった。

チェンの家で、自分を襲撃した殺し屋が警官だと気づいたサリナは、チェンのところを脱走した。彼女の証言がないために、黒幕のチュンは釈放された。チュンはサリナを愛していたので、口封じをすべきだとのアドバイスに耳を貸さず、チェンを殺すことで幕引きを狙った。

チュンはチェンをおびき出し、警察内部の協力者だったマン刑事を彼の銃で殺してしまう。チェンは同僚殺害容疑で裁判にかけられることになった。チェンはサリナを必死で逃がした。ソノコトデサリナの心はチェンに傾いた。サリナはチュンを裏切り、警察に協力して事件は解決された。

<雑感>

おそらくジャッキー・チェンのベスト映画がこの「ポリス・ストーリー / 香港国際警察」。人気が高まってきたときに、従来のカンフーものではなく本格的な刑事ドラマを最高のアクションで撮り上げた本作は、輝かしいキャリアの基礎になったものだろう。カンフーだけなら、世界中で称賛される俳優との位置づけまでは至っていないはずだ。

80年代の香港映画は輝いていた。

冒頭のバスにしがみついて演技をするシーンは思わず声が出る迫力。劇場で満座の観客がのけぞって声を上げながら画面に見入っていたときのことをいまでも思い出す。

☆5.0。文句なしの名作。80年代の邦画はすでに衰退期に入って、アニメと角川映画以外全然ダメだったから、ジャッキーの映画はたくさん見た覚えがある。


秋田オリオン ポーキー 200g 国産 ポークジャーキー

秋田オリオン ポーキー 200g 国産 ポークジャーキー

  • 出版社/メーカー: 秋田オリオンフード㈱
  • メディア: その他






おつまみカンパニー 得盛り国産ポークジャーキー 177g

おつまみカンパニー 得盛り国産ポークジャーキー 177g

  • 出版社/メーカー: おつまみカンパニー
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。