SSブログ

「相棒-劇場版IⅤ- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」(2017年作品)感想 [映画]

橋本一監督による日本のミステリ映画。出演は水谷豊、反町隆史、仲間由紀恵、及川光博。

<あらすじ>

日本人大使の娘の誕生会に参加した人間が、当の娘以外全員惨殺される事件が起きた。右京と亘は事件に関与したテロ組織の情報を得て操作を開始した。手掛かりになる人物は、在ハワイ残留孤児。そして生き残った大使の娘も誘拐されていた。日本政府はテロ組織への身代金の支払いを拒否。それらを糸口に事件を追いかけたところ、犯人はイギリス政府から派遣されたマークだった。

彼こそが在ハワイ残留孤児だったのだ。

<雑感>

☆0.0。共産主義者に映画を撮らせるなよ。こんなクソ作品が人気だったのか。ふざけんなよ。














コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。