SSブログ

「映画版くろねこルーシー」(2012年作品)感想 [映画]

亀井亨監督による日本のハートフルドラマ映画。出演は塚地武雅、安めぐみ、大政絢。

<あらすじ>

鴨志田陽は占い師になったが挫折し、妻子を残して失踪した。両親の墓参りで妻子と遭遇したものの合わす顔がなく、ずっと墓の影に隠れていた。陽の父は会社をリストラされて、やむなく占い師になった男だったが、黒猫占いを身に着けて売れっ子になった人だった。陽はそのことを思い出していた。

かつての父の姿を思い出しながら、陽は占い師を続けていく決意を固めた。

<雑感>

映画は、陽の父である賢の思い出話がほとんど。動物物は無条件で泣きそうになる老人なのに、まったく涙腺は反応せず。元がどんな話なのか知らないが、少なくとも映画版は面白くなかった。

☆1.3。賢訳の人は芸人なのかな。映画でもたまに顔を見かけるが、主演を張るほどには上手くない。








明治屋 おいしい缶詰 豚肉の黒酢角煮(うずら卵入り)75g×2個

明治屋 おいしい缶詰 豚肉の黒酢角煮(うずら卵入り)75g×2個

  • 出版社/メーカー: 明治屋
  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: 食品&飲料



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。