SSブログ

「クーリエ / タイムリミット60HOURS」(2012年作品)感想 [映画]

ハニ・アブ・アサド監督によるアメリカのアクション映画。出演はジェフリー・ディーン・モーガン、ジョシー・ホー、リリー・テイラー。

<あらすじ>

記憶を失ったまま裏社会の仕事人として働いていたクーリエは、60時間以内に居場所のわからないイーヴル・シヴルに10万ドルの現金を渡すように依頼された。イーヴルは殺し屋で誰も姿を見た者はいない。依頼主が誰なのかもわからない仕事であったが、人質を取られていたので仕方なく引き受けた。

わずかな手掛かりから捜索したところ、イーヴルが誰なのかはわからないが、次々に関係者が殺されてイキ、仕事の依頼主がFBIであることがわかった。FBIは長年イーヴルを追いかけていたが正体を突き止めることができず、ロシアのエージェントから奪ったアタッシュケースを使って彼をおびき出そうとしていたのだ。人質は何者かに殺されてしまった。

イーヴルの雇い主はマックスウェルだった。エルヴィス・ライブの文字を鏡で見るとイーヴル・シヴルになると気づいたクーリエは、エルヴィスの仮装をしていた男を追いかけた。するとそれはマックスウェルだった。彼はイーヴルが殺し屋を勝手に引退したことを怒っており、彼を探していたのだ。

クーリエはそんな話に巻き込まれたことに腹を立て、マックスウェルを射殺した。

<雑感>

うーん・・・、アマゾンの評価が高かったから視聴した作品だが、数日経ってすでにほとんど印象にない。似たような髭面の白人がたくさん出演していて見分けがつきにくかったことと、オチがかなりどうでも良かったことと、白人同士が元気にパキュンパキュン撃ち合っているのがバカっぽかったことしか覚えていない。

☆3.0。貧乏で恵まれない白人がイキってパキュンパキュン撃ち合う映画ばかり作って虚しくならないのかな?














コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。