SSブログ

「レイラ 売られた少女」(2018年作品)感想 [映画]

イヤド・ハジャジ、マフムード・カーメル共同監督によるアメリカの社会派ドラマ映画。出演はフィディリア・グレース、マニュエル・ドメネク、イヤド・ ハジャジ。

<あらすじ>

まだ10代のレイラは、人身売買でアメリカへ売られてきた。サハル家の奴隷になったが、嫁のスザンヌは夫に姪だとウソをついている。レイラは奴隷として苛酷な労働を強いられた。彼女の唯一の楽しみは不法移民のメキシコ人エミリオと話をすること。

そんなとき、レイラはサハル家の息子にレイプされた。エミリオたちの協力を得て復讐するが、不法移民である彼らは警察に捕まってメキシコへ強制送還された。サハル氏がようやくおかしいと気づき、スザンヌはレイラを人身売買組織から買ったのだと白状した。サハル氏は当局へ通報。裁判となってレイラは身柄を保護されることが決まり、大学生となったエミリオと再会した。

<雑感>

という内容が時系列バラバラで描かれている。トランプ大統領はこうした人身売買の問題に積極的に取り組んでいた。一方で不法移民は排除しようとしていた。バイデンは不法移民は無制限に受け入れ、人身売買にはさほど関心がない。

不法移民の多くは当然失業することになり、子供が生まれても育てられないからレイラのように売られることになるだろう。アメリカがこれから良くなる兆しはないと思うが、この映画のように、不法移民が優秀な大学生になって戻ってきてアメリカ経済に貢献してくれると期待しているようだ。

☆3.1。人身売買の問題に焦点を当てて描いたのはいいが、結局この映画のような理想像からはより多くの人身売買が恒常化するだけだ。不法移民を排除して、人身売買を徹底的に潰すしか道はない。


ネゴンボ33監修 ラムキーマカレー 130gX5個

ネゴンボ33監修 ラムキーマカレー 130gX5個

  • 出版社/メーカー: 36チャンバーズ・オブ・スパイス
  • メディア:



にしきや マトンパンジャビー 100g レトルトカレー

にしきや マトンパンジャビー 100g レトルトカレー

  • 出版社/メーカー: にしき食品
  • メディア: その他






コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。