SSブログ

「のんのんびより のんすとっぷ」(2021年冬作品)第7話 感想 [アニメ/特撮]

第7話「ハラハラする秋だった」

nonon.jpg


<あらすじ>

授業参観でそれぞれの過程の父兄が学校に来ることになった。れんげは姉に授業を受けているので新鮮味がないと訴え、駄菓子屋を授業参観に呼ぶことになった。あまりに勉強していない夏海のために授業参観の予習をやって挑んだものの、夏海はやはりなにも記憶していなかった。

小学1年のれんげと就学前のしおりが、真球について議論する。

沢で蟹を捕まえたれんげを夏海が発見した。季節外れに蟹を捕まえて沢に逃がしていたれんげは、少しの期間だけこれを飼いたいという。そこで夏海が水槽を作ってくれることになった。

勉強はできないが遊びに関する知識が豊富な夏海は、濾過機、濾材などを収集して水道水のカルキ抜きをすると、おしおと命名された蟹を水槽に放した。和美はそれを見て感心して、夏海にご飯を食べていくように話した。その日のおかずはカニクリームコロッケだった。

<雑感>

れんげとしおりが真球について考える場面は「のんのんびより」らしい演出でつい笑った。地球も実際は丸くなくて、ジャガイモのようにいびつな形をしているが、水(海)があるために滑らかな丸い形に見えるのだ。一番凹んだところが南米ペルー沖で、マントルの活動が活発になるとエルニーニョが起き、日本に寒波が来やすくなる。

単なる駐在さんの家の未就学の子だと思っていたしおりに、あんなキャラ付けがあったとは。越谷家の娘ふたりがバカすぎて、れんげの高知能ネタがやりずらかったので、「れんげをお姉ちゃんと慕う未就学の子」をれんげの話についていけるキャラにしたのは、いい配置だと思う。

今回も夏海の出番が多かった。


のんのんびより のんすとっぷ Tシャツ[宮内れんげ] Lサイズ

のんのんびより のんすとっぷ Tシャツ[宮内れんげ] Lサイズ

  • 出版社/メーカー: アズメーカー(azu MAKER)
  • 発売日: 2021/03/31
  • メディア: おもちゃ&ホビー















コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。