SSブログ

「望み」(2020年作品)感想 [映画]

堤幸彦監督による日本のサスペンス映画。出演は堤真一、石田ゆり子、岡田健史。

<あらすじ>

殺人事件があった夜、サッカー部を辞めて遊んでいた息子がいなくなった。マスゴミがモザイク入りの階写真を犯人のものとして出したので、地元の人間はいなくなった息子が犯人だと思い込んで生卵を家にぶつけるなどの乱暴に及んだ。息子は主犯格の男と逃げているとされた。だが真実は何もわかっていない。

夫は職場で冷遇され、娘は志望私大から拒否されると聞かされた。そして主犯格が捕まった。息子は死んでいた。サッカー部内のイジメに関するトラブルがすべての原因だった。犯人扱いしていた別の被害者の男は、夫が喪服でやってきたときに殴っていたので、そのことを謝りに来た。

<雑感>

いたたまれなくなる話だったが、これは素晴らしい映画だった。まだ日本にもマスゴミの知恵遅れどもと戦う気概のある監督がいたのかって。報道によって追い詰められていくなか、冷静に息子の心の裡を考えて「ウチの子はやっていない」と望みを捨てない父親の心理が悲しい。

この作品は生きているのか死んでいるのかわからない息子の、生きていて欲しいという望みと、犯人ではないことを願う望みが相反しているところがつらい。犯人ならば生きて逃げている可能性もあったのだ。しかし犯人だと、家族は損害賠償と世間からのプレッシャーで死んだも同然になる。

その状況で、損得だけで判断せず、息子の足跡を追いかけて冷静に「犯人じゃない(つまり死んでいる可能性がある)」と結論を出し、それを信じる父の姿はかなりつらい。

☆4.0。まだこんな面白い映画を撮る人もいる、と感心していたら、堤幸彦監督だった。打率.320くらいある監督だからな。これはHRクラスの作品。





キハチバームクーヘンM

キハチバームクーヘンM

  • 出版社/メーカー: 株式会社サザビーリーグ
  • メディア: その他



ユーハイム リーベスバウムアソート(LPA33)

ユーハイム リーベスバウムアソート(LPA33)

  • 出版社/メーカー: ユーハイム
  • メディア: その他



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。