SSブログ

「ウォーキング・ウィズ・エネミー ナチスになりすました男」(2014年作品)感想 [映画]

マーク・シュミット監督によるアメリカ・カナダ・ルーマニア・ハンガリーの戦争映画。出演はジョナス・アームストロング、ハンナ・トイントン、ベン・キングズレー。

<あらすじ>

レコード店の店員だったエレクは、ナチスのハンガリー侵攻で状況が変わってとりあえず実家へ避難した。ところがそこも状況は同じで、彼は強制労働に従事することになった。恋人がドイツ兵にレイプされそうになり、彼はそのドイツ兵を殺し、遺体を埋めると軍服を手に入れた。

ドイツ兵に成りすました彼は、多くのユダヤ人を助けた。戦後アメリカへ渡った彼は、助けた少年を養子にして穏やかに過ごしたが、救えた人間の笑顔と救えなかった人間の絶望を同時に思い出すのだった。

<雑感>

☆3.0。ユダヤ人の自己宣伝映画。パレスチナでナチスと同じことをやったくせに。


神戸土産 神戸プリン 6個入り

神戸土産 神戸プリン 6個入り

  • 出版社/メーカー: トーラク株式会社
  • メディア: その他



まろやか プリン (9個入り・ ギフト 用)

まろやか プリン (9個入り・ ギフト 用)

  • 出版社/メーカー: longcham(ロンシャン)
  • メディア: その他



KINGプリン

KINGプリン

  • 出版社/メーカー: ピーナッツ・クラブ
  • メディア: ホーム&キッチン



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。