SSブログ

「ザ・クルー」(2015年作品)感想 [映画]

ジュリアン・ルクレルク監督によるフランスのクライムサスペンス映画。出演はサミ・ブアジラ、ギョーム・グイ、アリス・ドゥ・ランクザン。

<あらすじ>

ヤニスは武装強盗団を率いて各地を荒らし回っていた。ところが弟のアミンが犯行に使った銃を売り捌き、ギャングに存在が知られてしまった。ギャングに脅かされたヤニスは危険な仕事をさせられ、仲間を死なせてしまった。怒りに燃えた彼は息子を使ってギャングと対決。人質を救出した。

息子と殺害予告を受けた仲間をモロッコに逃がすことにしたヤニスは、仲間の家族を救出するために警察車両を襲撃して死亡した。

<雑感>

息子と親友だけモロッコに逃亡。犯罪映画はキャラの魅力がないとただのいけ好かないバカの話になってしまうものだが、この作品のヤニスも大概どうでもいい奴だった。

☆2.0。犯罪者の幸せは堅気の人間の不幸でしかないからな。














コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。