SSブログ

「心が叫びたがってるんだ。」(2017年作品)感想 [映画]

熊澤尚人監督による日本の青春映画。出演は中島健人、芳根京子、石井杏奈。

<あらすじ>

父親の浮気を目撃してしまった成瀬順という女の子は、山の上のラブホテルをお城だと思い込んでいたので無邪気にそれを母親に話してしまった。それが原因で両親は離婚。父親は全部お前のせいだと吐き捨てて家を出ていった。

母親も娘のお喋りを疎ましく思い、それを感じた順は以来言葉を話すとお腹が痛くなるようになった。

女手ひとつで娘を育てているのに口を利かない娘に苛立ってきた母親は、自分が娘に話すなと命じたことなど忘れ、娘の気持ちを聞こうともしなかった。娘は幼い日の後悔を卵の呪いだと信じ込んだ。

そんなとき、坂上拓実という名の同級生が卵の歌を唄っているのを見て、心を覗かれたと勘違いした。拓実は口を利かないことで有名な彼女が本当はお喋りなのだと知って驚いた。順から物語を受け取った拓実はそれに曲をつけて歌った。

拓実のクラスは地域ふれあい交流会で何か出し物をしなくてはいけなかったので、教師の勧めもありふたりはミュージカルを提案した。それに反発したのは野球部の田崎大樹だった。彼は夏の予選前に肘を壊してから常に苛立っていた。半ば八つ当たりのようなものだった。

結局それぞれの内面の葛藤を乗り越えて、クラスはミュージカルをやることになった。順は自分の思いを言葉にしたかったので主役に立候補した。王子役は拓実。呪いをかける卵役は大樹が受け持った。

いつしか順は拓実が好きになっていた。自分を救い出してくれるのは彼だと信じていた。ところが彼は彼女と同じような問題を抱えていて、彼女はそのことを知らなかった。拓実も自分の責任で両親が離婚してしまい、それから彼は誰も傷つけない偽りの言葉しか言えなくなっていたのだ。

そのことを知っているのは同じクラスで中学時代の拓実の彼女、仁藤菜月だった。拓実もまた彼女にかける言葉を失っていたのだ。拓実は自分の王子様じゃないと知った順は舞台を前に逃げだした。

順は山の上のラブホテルに隠れていた。そこはすでに倒産して廃墟になっていた。拓実は彼女を追いかけ、順は拓実に言いたかったことを全部ぶちまけた。お腹は痛くならなかった。恋は叶わなかったものの、歌う勇気を取り戻した順は学校に戻り、途中から舞台に参加した。

順を長年悩ましてきた卵という幻想。その役をやった大樹は、舞台が終わると順に告白した。

<雑感>

アニメの実写版映画。うーん。実写版を見る人はアニメを見ていないから高評価なんだろうな。アニメのスタッフが考えたレイアウトなどをそのまま流用しているのに。

☆2.5。面白い映画なんだけど、長井龍雪が有能なだけじゃないのかって気がする。


ウルトラマン創世記

ウルトラマン創世記

  • 作者: 桜井浩子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/19
  • メディア: Kindle版



ウルトラマン全戦士超ファイル 増補3訂版 (てれびくんデラックス 愛蔵版)

ウルトラマン全戦士超ファイル 増補3訂版 (てれびくんデラックス 愛蔵版)

  • 作者: 間宮 尚彦
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2020/12/02
  • メディア: ムック



ウルトラマン青春記 ~フジ隊員の929日~

ウルトラマン青春記 ~フジ隊員の929日~

  • 作者: 桜井浩子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2021/02/19
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。