SSブログ

「星の王子ニューヨークへ行く」(1988年作品)感想 [映画]

ジョン・ランディス監督によるアメリカのコメディ映画。出演はエディ・マーフィ、シャーリー・ヘドリー、アーセニオ・ホール、マッジ・シンクレア。

<あらすじ>

アフリカのザムンダ王国の王子アキームは、親に結婚相手を決められるのが嫌でニューヨークの安アパートで暮らし始めた。そこで出会った女性リサと惹かれ合った彼だったが、許嫁を捨てることを許さない王に見つかってアフリカへ連れ戻されてしまう。

王妃は息子を気遣い、王に慣習を変えるように頼んだ。結婚式当日、浮かない顔で花嫁のベールを上げると、立っていたのはリサだった。

<雑感>

この作品は、エディ・マーフィがもし成功したら絶対にやりたいと思っていた会心の企画らしい。それは、白人の裕福なアメリカ人のホームコメディを、黒人だけで成し遂げるという企画だった。これが大変なヒット作となり、アメリカのホームコメディに出演する黒人のテンプレートを劇的に変えたそうだ。と、ニューヨークポストの記事で読んだことがある。

オレの英語力はこのころがピークだったな・・・。

☆4.0。日本語で言うところのテンプレートは、フランスではフォーミュラというらしいが、英語ではなんだろう? 「ハリウッド映画のフォーミュラ」なんて表現は聞いたことないし。





全国ご当地ラーメン バラエティセットA (乾麺1食×8種類) 640g

全国ご当地ラーメン バラエティセットA (乾麺1食×8種類) 640g

  • 出版社/メーカー: クックランド
  • メディア: 食品&飲料






コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。