SSブログ

「処刑台の獣たち」(2016年作品)感想 [映画]

マーク・マックィーン監督によるイギリスのクライムアクション映画。出演はクレイグ・フェアブラス、ジェームズ・コスモ、メム・フェルダ。

<あらすじ>

強盗団の狩猟が父親を殺され、預けていた金も奪われる。相手はギャング。妻を逃がし、復讐を決意。すると警官に襲撃されてしまう。裏切り者を炙り出して次々に復讐を果たす。だが所詮は強盗なので、誰もこいつに敬意は払わない。どんどん裏切られ、ひたすら殺して逃げる。

<雑感>

魅力なし。それに尽きる。泥棒とギャング、汚職警官、みんな死ねばいいのにくらいの感想しか湧かない。

☆1.8。クズ同士が殺し合っても何の感慨もない。生まれてこなければよかったじゃん。














コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。