SSブログ

「月曜日のユカ」(1964年作品)感想 [映画]

中平康監督による日本のエロティックドラマ映画。出演は加賀まりこ、中尾彬、梅野泰靖。

<あらすじ>

男が女の中に勝手に「白痴美」を見い出して隷属化させる気色悪い映画。

<雑感>

加賀まりこのコケティッシュな美貌は他に類を見ない。それは素晴らしいのだが、あんな知的な女性の中に「白痴美」を感じる男が異様に思える。白痴美を見い出したのか、あのような美しい女性が白痴のように自分に従うことを妄想するのか。いずれにしても酷い作品だ。

☆2.0。芸術っぽく撮っているところもなんだか腹が立つ。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。