SSブログ

「TRAVERSE トラバース」(2019年作品)感想 [映画]

岡田有甲監督による日本のアクション映画。出演は田部井淳、恋、津田寛治。

<あらすじ>

空手道場の師範が妻を自殺で亡くし。養女まで誘拐されて再び戦いの世界に戻っていき、母娘の絆を取り戻す話。

<雑感>

微妙だったなぁ。本物のアクションなるものの難しさが浮き彫りになった作品。映画としてはアマチュアレベル。ただ、日本でアクション映画を撮ろうとしている人が少ないから、アイデアを持って何かをしようと頑張っている人は応援したい。

☆3.0。結局映画は虚構のものだから、本物っぽく見えるかどうかが重要。その点であまりいい出来ではなかった。「仮面ライダー」のスタッフがどれだけ有能かよくわかる作品だった。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。