SSブログ

「UFO 侵略」(2012年作品)感想 [映画]

ドミニク・バーンズ監督によるイギリスのSF映画。出演はショーン・ブロスナン、ビアンカ・ブリー、ジャン=クロード・ヴァン・ダム。

<あらすじ>

UFOが出現。クラブでナンパした女が宇宙人だった。宇宙人はテレビのキャスターだった。宇宙人の侵略はすでに始まっていた。

<雑感>

バストショットばかりで映画を観た気がしない。侵略はすでに始まってる系のオチだし。何もかもがありがちでしかもB級映像。予算がないのになぜ無理をするのか。

☆2.0。全体状況を見せてくれないと。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。