SSブログ

「A.I.ライジング」(2018年作品)感想 [映画]

ラザル・ボドローザ監督によるセルビアのSF映画。出演はセバスチャン・カヴァーツァ、マルーシャ・マイエル、クリスティ・ベスターマン。

<あらすじ>

自由主義が失敗して世界は社会主義になった。人類は遠い惑星に移住することになった。調査メンバーに選ばれたのは、ユーゴスラビア人のベテラン宇宙飛行士ミルーティンだった。補佐役で女性型アンドロイドが同乗することになった。ミルーティンの好みに合わせたアンドロイドで、彼を誘惑してきたことからミルーティンはセックスロボに改造した。

すると徐々に彼女は自我を持ち始めた。喧嘩が絶えなくなり、ミルーティンは鬱病になってしまった。彼の心の状態を回復するにはどうしたらいいか宇宙船のコンピューターに尋ねたところ、原因を取り除けという。原因は自分なのでアンドロイドは自死を選んだ。

すると今度はミルーティンが驚き、彼女を助けるために船外に出て再起動用のエネルギーを確保、放射線を浴びて死んでしまった。自分だけが生き残ったアンドロイドはそれを悲しんだ。

<雑感>

ロミオとジュリエットなんだろうか? いや、夫婦の関係性を描いた作品なのだろう。男がめっちゃ暴力的で驚く。セルビア人だのスペイン人だの、こんな感じですぐに殴るのだろうか?

☆3.0。宇宙はほぼ関係なく、男女が揉めているだけ。社会主義も関係なし。





ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1

ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • 発売日: 2020/06/19
  • メディア: Camera






コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。