SSブログ

「ザ・マーダー 連続殺人事件」(2018年作品)感想 [映画]

サム・アーヴィン監督によるアメリカのサスペンス映画。出演はアンナ・ハッチソン、ジェイソン=シェーン・スコット、メリッサ・ボローナ。

<あらすじ>

金持ちが前妻の死を乗り越え新妻を迎えることになる。ところが新妻にも次々に不幸が起こる。関係者も死んでいく。どう見ても怪しかった義妹が結婚式当日に犯行に及んで前妻の殺害や父殺害その他もろもろ余罪も自白してエンド。

<雑感>

何だったんだろう? テレビの2時間サスペンスの出来の悪いものだったのだろうか? さすがにこれは劇場公開はしていないはずだ。

☆1.0。義理の妹としては、兄が前妻と結婚したときはまだ幼く、ようやくナイスバディーの大人になったら前と同じ金髪の女がやってきて寝とられたので逆上したのだろう。母も容疑者として匂わせているが、そちらに引っ掛かる奴はいないだろうな。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。