SSブログ

「バンデラス ウクライナの英雄」(2018年作品)感想 [映画]

ザザ・ブアヅェ監督によるウクライナの戦争映画。出演はオレグ・シュルガ、ユリア・チェプルコ、オレフ・ヴォロシェンコ。

<あらすじ>

クリミア半島を実行支配するロシアが、ウクライナ北部の民族独立運動を支援して国内を分断させようとしている。ウクライナ国内の新ロシア派と自主独立派が争う小さな村でさえ、プロパガンダと政治工作によってメチャクチャにされていた。

マスゴミの話を信じて両親を殺してしまった男が、苦悩で自死を選ぼうとするが、友人が彼を許し、物語は終わる。

<雑感>

これもまたロシアの一面を伝える作品だった。それにしても邦画のタイトルがどうにもならんくらいに酷い。映画が好きじゃないのなら映画関連の仕事をしなきゃいいのに。

作品はB級戦争映画だが、ウクライナはロシアの工作が激しすぎて洒落にならない状態なので、自然とシリアスになってしまう。この作品もそう。

☆3.3。映像自体はしょっぱい。でも、扱っている内容は重い。











コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。