SSブログ

「フェイク・マザー」(2017年作品)感想 [映画]

クレイグ・ゴールドスミス監督によるアメリカのサスペンス映画。出演はヴァネッサ・マーシル、スティーヴン・スネッデン、ブルック・ネヴィン。

<あらすじ>

裕福な家庭の専業主婦ケイリーンが、交通事故に遭って入院した。そこで親切にしてもらった看護師ヴァネッサを専任の看護師として雇い入れ、自宅に住まわせることにした。不幸な生い立ちのヴァネッサの目的は家庭を乗っ取ること。家庭の情報を盗み出す際に医師をひとり殺していた。

徐々にヴァネッサの振る舞いに疑念を感じてきたケイリーンは、彼女のことを調査し始めた。すると、ヴァネッサのことは病院の誰も知らず、看護師ではなかった。名前も偽名で、IDもない。どうやらバレたと感づいたヴァネッサは、強硬策に出るが夫と二人の子供は一切自分に懐かない。

諦めた彼女は夫を殺して家に火を放ち逃亡を図るも、ケイリーンに撃たれて万事休す。

<雑感>

テレビドラマ映画なのかな。それほどエグい描写はなく、子供が酷い目にも合わなかった。そのあたりはウチの好みと合って良かったのだが、ヴァネッサの計画が雑すぎて、さすがに無理があるだろうと。子供がそんなにすぐに懐くわけがないじゃないか。

こういうのは夫婦仲が悪いところに割り込んで引っ掻き回さないと無理。ケイリーンの夫婦は仲が良すぎてどう見ても無理筋で、それをひっくり返す何かがあるのかと思いきや何もなくて愕然とした。

☆2.0。もうちょい頑張れよwww








[ハンプコウボウ] トートバッグ TRIPLINEシリーズ ショルダーベルト付 3X83-01 クロ

[ハンプコウボウ] トートバッグ TRIPLINEシリーズ ショルダーベルト付 3X83-01 クロ

  • 出版社/メーカー: 帆布工房(ハンプコウボウ)
  • メディア: ウェア&シューズ



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。