SSブログ

【トランプ△】テキサス、オカマを女子大会から駆逐か? [政治]

バイデン大統領が、精神的に女性であれば肉体的に男性であっても女子スポーツの大会に出場できるように大統領令を出したことに伴い、テキサス州は女性の保護を目的とした州法を成立させるべく準備を開始した。

英文記事:https://rfangle.com/politics/texas-protect-women-sports-biden-transgender/

記事の機械翻訳を後述するが、長いのでその前に雑感を書いておく。

記事にもあるが、アメリカの低所得者層の女性は、スポーツ奨学金で大学へ行くことが多い。それらは女性のために集められた資金であり、女性をサポートするためにスポンサーがお金を払っている。それを「自分の心は女性です」と自称するだけで男性が奪っていけるのは異常な状態なのだ。

女子は心が女性だから女子大会を分けて開催してもらっているわけではない。男子大会と女子大会のカテゴリは、遺伝的な差異によるものである。

女子大会が始まった当初は、男子が女子をサポートする目的があったが、いまでは女性起業家などによる女性が女性のためにお金を出しているケースも多々ある。それをオカマ風情が横取りしていいわけがない。大学へ行くために女性を自称して女性をレスリングで倒して大学へ進学する男性の心も歪む。誰にとってもいいことはひとつもない。不正によって権力を奪った左翼だけが勝手に正しいと言い募っているだけなのだ。常識のないあいつらの価値観に合わせる必要などない。

頑張れ、テキサス!

以下記事の機械翻訳。

テキサスは、バイデンがトランスジェンダーの制限を解除した後、女の子と女性のスポーツを保護しようとしています。

ヴァロリー・スワンソン州議会議員(R-Spring)が最近テキサス州で提出した法案は、トランスジェンダーの女子学生が生物学的女性と競争しないようにすることで、女子スポーツと女子スポーツの公平性を維持しようとしています。バイデン大統領は、宣誓からわずか数時間後に、出生証明書に記載されている性別ではなく、身元を特定した性別に基づいて学生がスポーツに参加できるようにする大統領命令に署名しました。

著者のアビゲイルシュリエは、この大統領命令の他の多くの批評家の中でも、女の子と女性のスポーツは生物学的女性のために予約されるべきであると感じています。連邦政府の資金援助を受けている教育機関は、生物学的に男性のアスリートを女性チーム、女性奨学金などに認めなければなりません」と付け加え、「新しいガラスの天井が女の子の上に置かれたばかりです」と付け加えました。

ツイート情報:https://twitter.com/1966Holl/status/1356553148110786565

多くのアメリカ人が最初の女性副大統領を持つ可能性に焦点を合わせているので、他の人はバイデン政権が女性アスリートに何をしているかに関心があり、その多くは大学に通うために運動奨学金に依存しています。間違いなく、低所得世帯の少女はこの命令の影響を最も受け、高等教育機関への入学を求める恵まれない女性の扉を閉ざす可能性があります。

バイデンの命令は、この決定の基礎としてタイトルIXを使用しながら、「すべての人は敬意と尊厳をもって扱われ、誰であるか、誰を愛するかに関係なく、恐れることなく生きることができるべきである」と述べています。ただし、タイトルIXは、連邦政府の資金提供を受けている学校の女性と少女に対する差別からの保護を提供します。バイデンの命令の反対者は、それが本質的に両性の間に存在する生理学的差異に部分的に基づいて生物学的女性を差別していると主張している。科学に基づくと、女性と女児は、体力、体力、スピードに関して不利な立場にあります。

大統領命令の支持者は、それが公民権法のタイトルVIIに沿っていると感じています。ヒューマン・ライツ・キャンペーンは、バイデンの決定に対する支持をツイートし、「大統領命令は、公民権法のタイトルVIIの下で性的指向と性同一性差別が禁止されているという2020年6月の最高裁判所の決定を施行する」と述べた。フォローアップのツイートで、組織は「私たちはこれらの勝利を祝い、全国の州レベルで追加の保護を拡大する差別禁止法のために戦うために私たちの同盟国と協力することを楽しみにしています」と述べました。

家族調査評議会のトニー・パーキンス会長などの大統領命令の反対派は、次のように述べています。「悲しいことに、バイデン政権は生物学的現実への攻撃をさらに進めることを計画しており、学校に女子スポーツを廃止するよう命令することが期待されています。男の子と女の子に同じシャワーと更衣室を使用するように強制し、学校の旅行で一緒に寝かせるかもしれません。」パーキンス氏は、「科学の党であると主張する党は、現実を否定する初日に政策を進めている」と付け加えた。

他のいくつかの州は、女性のスポーツを少女と女性のために公正に保つことを試みる法案を提出しました。アイダホ州は昨年「女子スポーツ法の公平性」を可決し、モンタナ州の法案である「女子スポーツ法を救う」は、数日中に州の上院で提出される予定です。アメリカ自由人権協会によると、合計9つの追加州で同様の法案が係属中です。他の州議会は、バイデン政権の命令に応じてまもなく新しい法案を提出することが期待されています。

以上。











コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。