SSブログ

「ガンダム レコンギスタの囹圄」第39話「命の船」前半 [Gのレコンギスタ ファンジン]

「ガンダム レコンギスタの囹圄」


n.jpg


第39話「命の船」前半



1、


そのとき、アイーダ・スルガンは執務室の隠し部屋に設置された長距離通信機を使って弟のベルリ・ゼナムと連絡を取ろうとしていた。数日間行方不明で、突然謎の機体に乗って姿を現したという彼のことや、自らの始祖というべき初代レイハントンについて聞きたいことがあったからだ。

だが、ベルリからの応答はなく、諦めた彼女は椅子の背もたれに身体を預けてふうと息をついた。そのとき空に巨大な光球が出現して、オーロラの波紋のようなものが空を満たすのを見た。

異変に気づいた秘書のレイビオとセルビィが、念のために地下へ避難させようと飛び込んできた。そこまでは覚えていた。



そのアメリアへ向かって大気圏突入を果たしたフルムーン・シップの操舵士ステアは、光の波紋が大気圏突入に失敗した爆発によるものだと知っていた。死んだのが誰なのかはわからないが、船と呼べるほど大きなものではなく、モビルスーツであろうと想像した。

死んだのは誰なのか・・・、ステアは横で銃を構えるマニィに尋ねようとして思い直した。クンタラ解放戦線のルインの共謀者マニィとステアは、馴れ合う仲ではない。ステアはフルムーン・シップをアメリアへ運び、故郷にフォトン・バッテリーを届ける使命がある。出来れば全部、最悪半分。ステアはそこでどさくさに紛れて船を降り、アイーダに保護を求めるつもりでいた。マニィにつき合って南極まで飛ぶつもりなどなかった。



マニィは、ステアを降ろすつもりはなかった。彼女がいなければ、クンタラ解放戦線のメンバーだけでは船を南極近くの隠れ場所へ運ぶことはできない。クンタラ解放戦線にはフルムーン・シップを操舵できる者はおらず、ブリッジを占拠したメンバーだけではビーナス・グロゥブの船員を思い通りに動かすことはできないからである。マニィは、ステアを逃がさず利用するか、もしくは殺して恫喝に利用するつもりでいた。彼女は窓の外の光景に興味はなく、光の波紋を見ることはなかった。

彼女たちばかりでなく、光の波紋は世界中で観測された。多くの者がその輝きを目にした。光の波紋は地球をぐるりと一周したからである。昼の世界も夜の世界も、その輝きを観測した。だが、観測されたものが記録されることはなかった。輝きは、誰もが目にして、その記憶に止めながらも、どの記録にも残らなかった。

なぜなら、観測者としての人間の役割は、その瞬間に終わったからである。

ムーンレイスの汎用戦艦オルカに乗って、キャピタル・テリトリィにやってきていたキエル・ハイム、ハリー・オードらも同様であった。彼らはタワーの建設者メメス博士のことを調べるために南米にやってきていたが、ウィルミット・ゼナムが不在であった上に、独裁者役を任されたケルベス・ヨーがクンタラのことについてさほど詳しくなく、調査の端緒さえ掴めないまま無為に時間を過ごしていた。

ふたりは頼りにしていたカリル・カシス一行がなぜかクンタラの女たちばかりを引き連れてクラウンで宇宙へ向かったことなど知る由もなく、大空に美しい光の波紋が流れていく光景を額に手をかざして眺めていた。ふたりがこの世界の観察者であったのは、それが最後であった。



カリル・カシスとその支持者10名は、元首相秘書の肩書を使い、さらには得意の偽造書類を駆使してクラウンのチケットを入手していた。

彼女たちは伝手を使ってクンタラの若い女ばかりを集めると、臨時便として運行されることになったクラウンに飛び乗った。集められたクンタラの女たちは1000名に満たない。女たちを使ってもっと多くの仲間を集めるつもりでいたのだが、カリルは何となく胸騒ぎを感じて、自慢の大きな胸の魅力も駆使しながらクラウンの出港を早めたのだった。その勘が多くのクンタラの女性を救うことになった。

「なんだい、あの光の帯は?」

カリルは窓の外に広がる光景に驚いていた。光の波紋は遥か上空での出来事であったが、それは消え去ることはなく、地球全体を包み込んでいた。地球は光の膜に覆われ、繭のようになってしまったのだ。しかし、カリルたちはそのような光学現象について考察するほど賢くはなく、初めての宇宙への旅に浮かれたり、沈み込んだり、ザンクト・ポルトというスコード教の聖地であるがゆえにクンタラには無関係だった場所へ向かっている不思議に胸をざわつかせていた。

カリル・カシスとクンタラの女たち1000名は、2日間のクラウンの旅が、自分たちの命を救ったとは思っていなかった。彼女たちは、グルグルと不気味な模様で地球を覆った光の膜を突き抜け、ザンクト・ポルトにやってきた。

彼女たちを出迎えたのは、銃口であった。


2、


ザンクト・ポルトで光の波紋が観測されたのは、クラウンの臨時便が出港したとの連絡が届いて間もなくのことであった。

今回ばかりは運行については口を出すまいと心に誓って宇宙へ上がってきたウィルミットであったが、どうやら偽造書類で臨時便を出した人間がいると知り、またその人物が前首相ビルギーズ・シバのやり手政策秘書カリル・カシスと知って警戒を強めるとともに、管制センターへ頻繁に赴くようになっていた。

臨時便に搭乗したのが、クンタラの女ばかり1000名弱と聞いたウィルミットは、スコード教の聖地にクンタラがやってくることに不快感を感じ、すぐさまそのような心持になった自分を恥じた。クンタラだからではない、カリル・カシスだから警戒するのだと自分に言い聞かせ、彼女はクラウンが到着するのを待っていた。

そんなとき、地球の表面に説明できない現象が起こっているとの連絡があった。地球が七色の光に覆われる観測されたことのない現象が起こっているとの連絡だった。管制センターのモニターにもそれは映し出された。一見とても美しく神々しい光景であった。青い地球が七色の光に覆われていくさまは、地球への祝福とも呼べるものに思えた。

ウィルミットはクラウンの発着場にザンクト・ポルト自治警察を集合させてカリル・カシスを出迎えた。クラウンを降りてきたカリルは偽造書類のことなど悪びれずもせず、時代がかったスカートをつまんでウィルミットに挨拶をした。彼女はウィルミットも一目置く存在だった。

「地球を覆っているあれは」カリルは手錠を拒んだ。「あれは何ですの? ずいぶんと美しい光景でしたが」

「あれはまだ解析されておりませんの」ウィルミットは棘のある声で突き放した。「あなたは首相秘書官の任などとっくに放棄して姿をくらましていたはずでしょ? 国庫の金を横領したことも分かっているのですよ。よくもまぁいけしゃあしゃあと」

「あれはビルギーズ・シバ前首相から受け取った退職金です。書類に不備でもございまして? そんなことより、ご自身に手錠は掛けませんの? あなたが独裁者ケルベス・ヨーの黒幕だというのはキャピタルの人間ならばみんな知っていることでございますが」

「ケルベスはただの政府代行です」

やはり面倒な女だとウィルミットが顔をしかめていると、運航庁の部下が彼女のところへとやってきてそっと耳打ちをした。カリルは大人しく口を閉じていた。ウィルミットは横目でカリルを見やったが、やがて諦めて彼女の前に進み出た。

「どうやら容疑者として扱うには証拠が不足しているようです。 しかし地球で何かあったようなので、帰りのクラウンはこちらの許可なしには発車させないのでそのつもりでいてください」

それだけ告げると、ウィルミットは部下とともに足早に立ち去っていった。それを忌々しげに見送ったカリルは、連れてきた仲間たちをホテルに収容すると、古くから行動を共にしている10名の女たちを伴ってスコード教の教会へと向かった。彼女たちはメメス博士のメッセージがどこかにあるはずだと大聖堂に狙いをつけていたのである。



カリル・カシスを逮捕しそこなったウィルミットは、それどころではなかった。ザンクト・ポルトの管制センターに戻った彼女は、ビーナス・グロゥブの大艦隊が地球に接近しているとの情報をどうするか協議しなければならなかった。

代表が不在であったザンクト・ポルトは、物資が逼迫している現状をウィルミットに伝え、そのうえで彼女とゲル法王に地球側の代表として交渉するように依頼した。ウィルミットもこれを承知して、最悪の場合降伏することを確認した上で、大艦隊の動きを注意深く見守っていた。

だが6時間経っても艦隊は大気圏突入を果たさなかった。そして、ザンクト・ポルトのモニターに、威風堂々とした男の姿が映し出された。それが、ビーナス・グロゥブ総裁ラ・ハイデンの姿であった。

ウィルミットはこれが待ち望んだ男かと胸が高鳴るのを抑えきれなかった。その場にゲル法王の姿はなかった。彼は大聖堂にはいったきりだという。仕方なく、彼女はラ・ハイデンと応対することになった。互いを紹介する口上から始まり、互いをねぎらう言葉を掛け合ったのち、ラ・ハイデンはウィルミットにこういった。

「軌道エレベーターはまだ使用できているのか」

「はい、いまのところは」

「そうか・・・。我々の歩みが遅く、地球は閉じられてしまったようだ。おそらくはその軌道エレベーター以外で地球に侵入することはできなくなるだろう。永遠に」

ウィルミットはその言葉を一瞬理解できなかった。

「と、おっしゃいますと」

「あの光の膜は物質を通さないようだ。重力に引かれて落ちても、弾かれて軌道が変わってしまう。地球の歴史は終わったのだ。人類は戦うこともできずジオンに敗北した」

ラ・ハイデンは詳しい説明をして彼女を納得させるつもりはないようだった。その眼は遠くを見ており、ウィルミットに向かって話しながら、自分に言い聞かせているような口ぶりであった。

「ともかく、いったん大聖堂にお立ち寄りくださいますよう」

「ジオンのカール・レイハントンがこうして地球圏を彼らの望む世界に変えてしまった以上、わたしはビーナス・グロゥブの総裁として住民の保護に努めなければならない。人類最後の観察者として、わたしに言い残したいことはあるか?」

ウィルミットは何を話していいのか咄嗟に思いつかなかった。それどころか、ラ・ハイデンの言葉の半分も理解できなかったのだ。

「どうか」彼女は必死に引き留めようとした。「ゲル法王猊下とお話を。法王猊下は亡きラ・グー総裁の遺言を守り、地球において宗教改革を成し遂げようとしております。彼とわたくしたち地球人が辿り着いた法の形をどうか、お聞きいただきたいのです」

「ゲル法王・・・。ああ、ビーナス・グロゥブで説法をしてくださったあの方か。よろしい。では、彼と一見まみえ、そののちわたしは絶望を携えて生まれ故郷に帰らせていただこう」

「絶望?」

「レコンギスタの希望は潰えたと。それを皆に伝え、人のありようを今一度問わねばならない」


3、


美しい七色の光の膜は、地球を覆い尽くして晴れることはなかった。地球はまるでシャボン玉に包まれたように美しく不気味な姿へと変貌を遂げた。地球はその水に浮かんだオイルのように輝く膜の中に閉ざされた惑星となり、外からは観測できなくなった。

目視できず、電波も届かない。膜の色彩の変容で大気の動きがわかるだけであった。

その膜は、一切の科学分析を寄せつけなかった。膜が物理現象なのか光学現象なのかも検討がつかない。地球は光沢のある卵膜に覆われた胎児のような姿となり、地上の観測はまったく行えなかった。唯一、軌道エレベーターであるキャピタルタワーだけが、地球から突き出るように存在している。

キャピタル・タワーだけが、宇宙と地球とを往還できる装置として残った。ラ・ハイデンの話を聞いたクラウン運航庁は、何とかしてビクローバーとの通信を回復させようとしたが無駄だった。ザンクト・ポルトからでは地上のことは一切わからなかった。

ようやく事態を理解したウィルミットは、大聖堂でのラ・ハイデンとの会談に列席すべく、慣れないシャンクを走らせた。

大聖堂には、ザンクト・ポルトの住人たちが集まっていた。彼らは情報を欲していた。もみくしゃにされながらその対応は現地の代表に任せ、ウィルミットは息を切らしながら会見に臨んだ。会見場にいたのは、ラ・ハイデンと彼の随行員、ゲル法王と新教団の枢機卿、リリン、カリル・カシスとその仲間たちであった。

すでに話は始まっていた。ウィルミットは遅刻したのだった。代わりにリリンが話を聴いていた。ウィルミットのその傍らにそっと立った。話は続いていた。

「法王の辿り着かれた境地には敬意を払いたい」ラ・ハイデンは恭しく頭を下げた。「コミュニケーションの断絶を乗り越えるニュータイプの奇蹟がスコード教、クンタラの教えの原点であること、それらを統一させようとしていること、しかと理解した」

「では」

ゲル法王が何かを期待するように身を乗り出すのを、ラ・ハイデンは手で制した。

「そのニュータイプの奇蹟こそがタブーだったのだ。冬の宮殿というもので、アクシズの軌道を逸らした奇蹟の映像を見ることができなかったこと、それは、ジオンのシャアというものの怨念がいまなお生き続け、外宇宙でニュータイプ研究を極北まで進めたことを隠すために鍵が掛けられていただけなのだ。ニュータイプという人と人との断絶を乗り越える現象を突き詰めるとどうなるか、それを達成したら人はどうなるかを見せたくないために、カール・レイハントンが自分で鍵を掛けていた」

「トワサンガの初代王のことだと」ゲル法王はなおも食い下がった。「カール・レイハントンはトワサンガの初代王で、人間の本質を思念であるとした人物と・・・」

「肉体という殻の中に入っているもの、霊魂でも魂魄でもいいのだが、外宇宙への大航海を達成する莫大な時間でニュータイプ現象を突き詰めていくと、人は死の壁を乗り越え、肉体を持たない永遠の存在になったというのだ。いや、あなたの仕事を否定したいのではない。だが法王猊下もご覧になったはずだ。あの新しい地球の姿を。もうあの惑星には肉体を持って降りられない。あれを行ったのが、カール・レイハントン、ジオンの亡霊である。やがて月よりステュクスと呼ばれる銀色の細長い戦艦がやってきて、地球を覆い尽くすであろう。無数の銀色の戦艦が、流れる冥府の河のように地球とそれ以外とを隔てることになるだろう」

「でも、あなたさまが地球にまでやってきた理由は」ウィルミットが口を挟んだ。「何か可能性があったからなのでしょう? そうでなければ」

「可能性」ラ・ハイデンはウィルミットに向き直った。「可能性とは、神による地球の統治という虚構を作り上げることだった。それによって、神のごとき存在である彼らジオンに対抗するつもりであった。地球人はもうヘルメスの薔薇の設計図という知恵の実を食べてしまった。その事実を修正するには、ビーナス・グロゥブ人を神と仮定し、我らが直接地球を統治してやり直すしかなかった。本来の計画への回帰である。キャピタルからトワサンガを経てビーナス・グロゥブに至るまで、すべて我々が一括で管理する。その計画の中に地球人を救うことは初めから含まれていない」

「しかし、それではッ!」

「多くの人命が失われる。そう言いたいのだろうが、それは重力に魂を引かれた人間の勝手な言い分に過ぎない。もしその子の命を救いたいというのであれば、いや自身の助命を嘆願するというのであれば、ザンクト・ポルトにいる地球人だけはビーナス・グロゥブに連れて行ってもいい。あちらへ行ったところで、地球と同じことになるやもしれんが」

その子とは、ウィルミットが大事に引き寄せているリリンのことであった。この聡明な少女は、話の一切を聴いても動揺することなく、母と運命を共にするつもりのようだった。そのリリンのコートの襟には、コバシとクンが作ったマイクが仕込まれていた。



彼女たちジット団のメンバーは、ゲル法王とともにオルカを降りて一休みしていたところ、急遽ドニエルが艦を発進させてしまったためにザンクト・ポルトに取り残されていたのだ。

「あちゃー、そういうことか」クンは思わず天を仰いだ。「せっかくレコンギスタしてきたのに、もう地球には降りられず、ビーナス・グロゥブに戻れば罪人。短い夢であった」

ビーナス・グロゥブからレコンギスタを果たし、キャピタルで体験した大空襲を生き延びたジット団の同志たちは、狭い部屋でスピーカーから流れてくる音声に聞き耳を立てていた。

「降りられないってたって」コバシは首を捻った。「キャピタル・タワーがあるじゃない。あれで地球とザンクト・ポルトの往還はできるんでしょ?」

「フォトン・バッテリーを供給されないのに、タワーを使う意味はないさ。地球人は地上にへばりついて、生き残る方法を考えるしかない。その地上もどうなっているか知れたものじゃないときている。地球はもう1Gの楽園じゃない」

「あたしたちは?」

「いまキルメジット・ハイデンについていかなきゃ、2度とあいつは地球圏には来ないだろう。白旗を上げて降参するか、地球に骨を埋めるかだよ。楽園に骨を埋めるのなら本望だけど、地球があの有様では・・・」

ジット団のメンバーたちは、自らの進退を決めねばならなくなった。



ウィルミットたちと同席して話を聴いていたカリル・カシスは、キャピタル・テリトリィに何の利権もなくなったことに愕然としていた。しかし、メメス博士の話は本当だったのだ。500年前の謎の人物は、たしかにクンタラたちを救った。だとしたらまだ彼の足跡には何かが隠されているかもしれない。

「絶対にメメス博士の手掛かりを見つけてやる」カリルは呟いた。「あたしはハイデンなんて男とは違う。地をはいずり回っても大きな権力を手に入れてやるんだ。学年で一番の優等生が、クンタラだってだけで官僚にさせてもらえなかった恨みは必ず晴らしてやるよ」



与えられた猶予は12時間だけであった。ザンクト・ポルトの住人たちは、神の国に住めると聞いて移住の申し込みに殺到した。家財道具は乗せられないので身体ひとつで金星へ移住することになる。それでも彼らは地球を見限り、移住を決意した。

「何もかもが慌ただしく、思い通りになりません」

ゲル法王は、自らが辿り着いた境地に自信を持って会談に臨んだが、人としての決意では事態を変えることはできなかったことを悔やんでいた。

法王のそばにはリリンがいる。ふたりは、随行員の人間とともにビーナス・グロゥブへ移住することになったのである。ウィルミットは、リリンと一緒に移住しようかと最後まで迷っていたが、刻々と変わりつつある地球の様子に不安を持ちながらも、キャピタル・タワーがまだ生きていることが彼女の責任感を掻き立ててしまった。彼女はタワーを捨てて移住することはできなかった。

「法王さま、どうかリリンと、そしてベルリの行く末を」

「できる限りのことは」

そう約束してゲル法王はクレッセント・シップに乗船し、慌ただしく旅立っていったのだった。船にはクン・スーンとコバシの姿もあった。彼らはいまだ修復が続くシー・デスクの修理に参加することを条件に恩赦を勝ち取り、レコンギスタの夢破れ、金星へと戻っていった。

ビーナス・グロゥブの船団に加わらなかったのは、ウィルミットと運航庁の職員数名、月で艦隊に加わっていたチーム・カル、カリル・カシスとクンタラの女性1000名であった。ウィルミットは機を見るに敏なカリルが、この状況で残ったことを不思議に思っていたが、カリルはさっそくザンクト・ポルトの支配権を要求してきた。

「ウィルミット閣下にはタワーがありますでしょ。ムーンレイスの方々には月がある。でしたら私たちクンタラにザンクト・ポルトを与えていただいてもいいのじゃありませんこと。チーム・カルの方々はトワサンガの人たちで、男性ばかり。こちらは女性ばかり。何をしなきゃいけないかは一目瞭然」

カリルはチーム・カルが男ばかりであることに目をつけ、女たちを使って仲間に引き入れていたのだった。

「支配とか、そういうことはいったんお互いにやめましょう」ウィルミットは怒りを堪えていった。「トワサンガのチーム・カルのみなさんには、タワーの保全をやっていただくしかないので、ザンクト・ポルトに居住していただかねばなりません。居住者の間でどなたを代表にするかは、そちらで話し合って決めていただければけっこう。とにかく、タワーで地球に降りて、現在の地球の状況を確認せねば。もしかしたら何事もなく生活しているのかも」

そんな彼女の願いも虚しく、ザンクト・ポルトは地球圏の異変をキャッチした。

七色の光の膜に覆われた地球のどこかで、巨大な爆発が起こったのだ。その爆発はフルムーン・シップの自爆によるものであった。

フォトン・バッテリーを満載したフルムーン・シップの自爆装置が作動したことで、とてつもない大爆発が起こり、輝きの後に巻き起こった爆風は、強固なキャピタル・タワーにも激しく不気味な振動を加えた。地球を覆った七色の膜は、その下で起こった大異変がどれだけすさまじいものであるか、隠してはくれなかった。光の膜の下で、地球はまるで木星のような不気味な姿へと変貌を遂げていた。

むろんタワーの運航などできるはずもなく、人類の生き残りは地球から突き出た待ち針の頭のようなザンクト・ポルトで、蓄えられた食料を分け合いながら数か月を過ごさねばならなかった。幸いなことに、チーム・カルの働きによって、ザンクト・ポルトが機能停止に陥ることはなかった。

震えて眠る日々が続くなか、人類のわずかな生き残りたちは、シルヴァー・シップ、ステュクスと呼ばれる戦艦が月から大挙して押し寄せてくるのを見ることになった。

ジムカーオ大佐がたった独りで操ったとされる細長い装飾の欠片もない戦艦たちは、地球に到着するや、光の膜のさらに上空を、海を泳ぐ魚群のように周回した。その魚影はザンクト・ポルトを時折掠めたが、決してぶつかることはなかった。

爆風は地球を何周もしたが、やがて収束した。

地球は光の膜の下で、ゆっくりと本来の姿を取り戻していった。大地を震わし、吹き荒れた暴風が鎮まると、舞い上げられた砂塵がゆっくりと地上に落ちた。爆発の影響が収まったとき。地球は真っ白に凍結していた。


4、


ベルリとノレドは、カール・レイハントンに与えられたガンダムというモビルスーツのコクピットの中で身を寄せ合っていた。

冬の神殿の中で、ふたりは戦いの本質が「アクシズの奇蹟」に遡るものであることを確認し合った。人類に絶望して急進改革を欲した敗北者たちの末裔が、宇宙を放浪するうちに、科学的な魂の解脱を発見して、その成果を携えて地球圏へと舞い戻った。

彼らが望んでいるものは、地球の支配であるが、それは人間を支配することではなく、地球環境の唯一の観測者となることであった。永遠の命を得た者たちにとって、もう人間は必要なくなった。人間は環境に一切の負荷を与えることなく思念体として実在して、地球環境の悠久の変化を観測できる立場へと進化した。

「ぼくらは、宇宙から何者かが戻ってくるイメージと戦っている」ベルリは呟いた。「クンパ大佐は、神によって定められた秩序に人間の競争原理を持ち込んだ。それは宇宙世紀時代の活力への羨望であった。ジムカーオ大佐は、神と人とが和解する機運が芽生えたところにルサンチマンを持ち込んだ。それは黒歴史時代の差別への怨嗟だった。そして、カール・レイハントンは、新たな秩序を模索しているところに、人間の理想を持ち込んだ」

「ベルリの中であれは理想なんだ」

「おそらく。ジオンが夢見た理想の実現なんだ。どんな栄えた種族も、いずれ遺伝子が劣化して絶滅してしまう。地球で永遠に栄える種族はいない。しかし人間は、人間という種族を栄えさせながら、地球環境に組み込まれることなくどんどん外れていって、地球を窒息させ始めた。それを、宇宙移民たちの合理主義で克服していこうとしたのがジオンの理想だった」

「ベルリはレイハントンと思考を同期したんだもんね」

「うん。彼らの理想主義が、宇宙の果てで極北まで突き進んで、地球にレコンギスタしてきたんだ。クンパ大佐も、ジムカーオ大佐も、カール・レイハントンも、あるいはムーンレイスも、宇宙の果てから戻ってきた人たちだ。みんな、地球人の現状とはまったく違う理屈で行動している。ぼくら、現在の地球で生まれた人間たちは、自分たちのイメージとは違う枠組みのイメージと戦っているんだよ。500年前のムーンレイスも、クンパ大佐も、ジムカーオ大佐も、地球という重力に飲み込まれる形で彼らのイメージを雲散霧消させて終わっている。でも・・・」

「カール・レイハントンは違うね。厄介だ」

「そう。彼はビーナス・グロゥブのヘルメス財団の理想を手伝う形で500年前に実体化して、彼らの夢が完全に壊れるのを待って再び出現した。そしてヘルメス財団とは違う形の、違うイメージの理想を提示した。それは彼らの存在から、より神に近いものだった」

「スコード教が作っていた秩序より神さまっぽい」

「霊魂みたいなものだからね。話を聞いたラ・ハイデンは、レイハントンに対抗する形でもう一度ヘルメス財団の理想を再構築するために地球にやってきたんだと思う。彼の厳しい人柄は、ぼくの提案した再構築の内容では満足しなかった。ヘルメスの薔薇の設計図が回収されるあてがない以上、彼は以前のフォトン・バッテリーを供給する世界には戻れないと考えていた」

「宇宙からか・・・」ノレドはふうと溜息をついた。「でも、カール・レイハントンを退けなければ、あたしたちはもう終わりなんでしょ?」

「たぶんね」ベルリはううんと唸って腕を組んだ。「カール・レイハントンは、人間という種族が地球に存在することを許されるのは、観察者としての役割を果たす場合に限られると考えている。例えば、地球のあちこちにドーム型の閉鎖空間を作って、そこにイノセントとして暮らしながら地球を観察する。閉鎖空間はスペースコロニーのように独立した環境になっていて、地球環境に負荷は与えない。そうした人間の理想的な形が、ニュータイプ研究によって思念を分離できることに気づいて、先鋭化したんだ。極端な話、太陽が終焉を迎えて膨張し始め、それに地球が飲み込まれることがあっても、思念体としての彼らなら観察できる。ずっとこの空間にとどまり続けることができるんだから」

「スペースノイドとしての自覚が、アースノイドのナチュラリズムを否定したって話だ」

「そう。人間は観察者であればよく、地球環境に関与してはならない。そのためには、肉体は必要ないんだ。肉体の欲求が、環境を破壊するのだから」

「さっきの話でさ、独立環境型のコロニーを作って、地球を観察するって話があったじゃない。彼らがイノセントとして観察する外側の世界には、人間はいるのかな? 例えば、シビリアンみたいな形で」

「それなんだよ」ベルリはノレドが差し出したクッキーに噛りついた。「人間を否定したときに、神の視点で観察する人間と、動物としての人間は共存するのかという問題なんだ。動物としての人間に知恵がなければ、ジャングルのサルと一緒なんだから観察対象になり得る。でも人間は、知恵を失うことの方が難しい。黒歴史の暗黒時代から結局はいまのような世界になっていったわけだし」

「カール・レイハントンに結論は出ているのかな? ベルリはどう思ってる?」

「もし、完全に人間を絶滅させるつもりなら、なぜメメス博士の要求を突っぱねなかったんだろうって。メメス博士はクンタラで、それは食べられる人間としてのクンタラじゃなくて、スコード教とは違う宗教を持つ人たちの総称のつもりで話しているんだけど、クンタラの自分たちは肉体を失うわけにはいかない。あなたに恭順するから、わたしたちの皇帝となって庇護してくださいと頼まれて、認めているんだ」

「皇帝というのはそういう意味だったんだ」

「そうなんだよ。メメス博士はカール・レイハントンがやりたがっていることを見抜いていた。しかし、ヘルメス財団の理想が潰えてレイハントンの計画が動き始めるのは、自分が死んだ遥かはるか先になる。そのときに、クンタラを助ける存在になってくださいと、500年も前に頼み込んで、自分の娘と彼のアバターの間に子供まで作らせて」

「それがベルリとアイーダさんの祖先なんだね」

「うん。あの人は、クンタラを地球のシビリアンにするつもりだったのかって」

そのときだった。ガンダムが通信をキャッチした。その周波数は、アイーダがベルリに秘密の通信を送ってくるときのものだった。ベルリは慌てて回線を開こうとしたが、慣れない機体に手間取っている間に強いイメージの波動が襲ってきた。

そのイメージは、絶望と安堵が入り混じった複雑なものだった。ノレドが叫んだ。

「クリム・ニック!」

「クリム・ニックが死んだ?」

それは死の波動だった。だが、何かが違う。アイーダからの通信は途絶えた。ふたりの胸は、サンドペーパーのようなザラザラした何かに包まれていくようだった。そしてまた、彼らを乗せたガンダムは、不可解なジャンプをした。ガンダムは漆黒の闇と光が照らす光沢の世界へ戻った。

目の前には深紅のモビルスーツがジッとベルリたちを窺っていた。

「さあ、大佐の狩りの時間よ」

チムチャップ・タノの機体が先に動いた。太陽光線に輝く彼女の濃緑の機体がベルリたちに襲い掛かってくる。それをわずかにいなしたベルリは、ノレドがコクピットに詰め込んだ食糧がグルグルと目の前を回転することに悲鳴を上げた。

「なんでこんなにたくさん!」

「自分だって食べたじゃん!」

これでは戦えないと距離を置いたベルリは、深紅の機体の背後に青く輝く地球を見た。地球はごくごく小さな靄のもうなものが大きく拡がっていくところであった。あれがクリムが死んだ痕跡だと、ふたりは確信した。なぜそう思ったのか、彼らにもよくわからない。地球の青い輝きは、虹色の靄のようなものに覆われ、次第に失われていった。

「地球に何をしたんだ、カール・レイハントンッ!」

カイザルとガンダムは同じ距離を保って真っ直ぐに正対したまま、クルクルと回転した。

ベルリとノレドには確かにカール・レイハントンの若々しい声が聞こえた。それは頭の中に響いてくるようだった。

「さぁ、お前もわたしと同じように死者の世界から甦れ、ガンダムッ!」



PG UNLEASHED 機動戦士ガンダム RX-78-2 ガンダム 1/60スケール 色分け済みプラモデル

PG UNLEASHED 機動戦士ガンダム RX-78-2 ガンダム 1/60スケール 色分け済みプラモデル

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • 発売日: 2020/12/19
  • メディア: おもちゃ&ホビー



PG 1/60 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム) 色分け済みプラモデル

PG 1/60 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム) 色分け済みプラモデル

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: 付属品



ガンプラ PG 1/60 MS-06F ザクII (機動戦士ガンダム)

ガンプラ PG 1/60 MS-06F ザクII (機動戦士ガンダム)

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • 発売日: 1999/03/05
  • メディア: おもちゃ&ホビー



ガンプラ PG 1/60 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII (機動戦士ガンダム)

ガンプラ PG 1/60 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII (機動戦士ガンダム)

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • 発売日: 1999/07/07
  • メディア: おもちゃ&ホビー



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。