SSブログ

「フッテージ」(2012年作品)感想 [映画]

スコット・デリクソン監督によるサスペンス映画。出演はイーサン・ホーク、ヴィンセント・ドノフリオ、ジュリエット・ライランス。

<あらすじ>

かつてのベストセラー作家でスランプ中のエリソンは、アシュリーと共に新しい家に引っ越した。その家を選んだ理由は、かつて一家が首吊りする事件が起きたからであった。エリソンはその取材ができれば本にしたいと考えていた。

すると、2階から8ミリビデオが出てきた。映像には一家が首を吊る様子が映っていた。一家は首を吊って死んだのだが、少女が一人行方不明になっている。副保安官に取材協力を仰ぐと、似た事件が頻発していた時期があり、揃って子供がひとり行方不明になって残りの家族が首を吊って死ぬのだという。

悪魔の名前が取りざたされて間もなく、エリソンは2階で子供たちが8ミリビデオを見ている光景を目にした。恐怖に駆られた彼女は転居を決して新しい家へと避難した。ホッとしたのもつかの間、副保安官から連絡があり、他の被害者たちは引っ越し直後に事件に遭っているのだという。

エリソンは2階でビデオテープを見つける。そして身動きが取れない中で首にロープが巻かれ、娘のアシュリーが斧を持ってやってきた。

<雑感>

なんか焦点が定まらない作品だった。

子供たちが行方不明になったといっても、白塗りのメイクで登場するし、わざと怖くなくしているんじゃないか、子供向けにライトにしているのではないかと疑うほどであった。その割にはがっつりホラーだし、どういう映画なのか微妙にわからない。

自分の子供を守ろうとしているのに、肝心の子供が悪魔に憑りつかれてかつての一家のように殺されてしまうラストも、何やってんですかねレベルに唐突。子供がヤバくなる描写があまりないからじゃないかと。序盤に家の壁に落書きしているのが伏線で、悪魔の契約書に同じような絵をかいて契約したはずなのに、それが親を殺した後のラストに来るのもチグハグ。

☆2.6。脚本をもっと練ってから作らないと。


日本橋屋長兵衛 お手作り 日本橋最中 12個入(ギフト 和菓子 )

日本橋屋長兵衛 お手作り 日本橋最中 12個入(ギフト 和菓子 )

  • 出版社/メーカー: 日本橋屋長兵衛
  • メディア:



とらや 小形羊羹 10本入

とらや 小形羊羹 10本入

  • 出版社/メーカー: とらや
  • 発売日: 2018/05/03
  • メディア: その他






コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。