SSブログ

「おおかみこどもの雨と雪」(2012年作品)感想 [映画]

細田守監督による日本のアニメ映画。脚本:奥寺佐渡子、細田守。キャラクターデザイン:貞本義行。

ookamikodomo.jpg


<あらすじ>

女子大生の花は、ニホンオオカミの末裔おおかみおとこと肉体関係になって双子を生んだ。名前は雨と雪。子供たちは狼に変身できるおおかみこどもであった。当初は夫婦仲良く子育てをしていたが、生活のためにバイトを掛け持っていたおおかみおとこは亡くなってしまい、実家の支援もあてにならないことから花は田舎に引っ越して子育てをすることにした。

都会から来たわけありげな花を田舎の人は警戒していたが、やがて受け入れ、花も就職先を見つけて生活は安定していった。しかし子供たちは興奮するとおおかみに変身してしまう。雪は獣臭いと難癖をつけられて動揺し、おおかみになって相手を傷つけてしまった。

雨は学校に興味を持てなくなった。山へ入ることが多くなり、やがて先生と慕っていたきつねの死を受けて自分がおおかみとして山を統治していくと決めた。花は雨を失うまいとするうちに滑落して大怪我を追う。花は雨に行くなというが、男のおおかみとなった雨は独り立ちしていった。

<雑感>

おおかみおとこを好きになって彼の子を産むことで、ひとりの少女が自然との接点を持つ物語で、これは本来出産によって自然との接点を強く感じる女性の物語になっている。女性が出産によって自然と繋がる事象を、相手をおおかみにすることと、夫の死によって田舎暮らしを選択することのふたつをもってより強調する構造だ。

子供をおおかみこどもにすることで子育ての大変さも強調されるし、子供の意外な力強さと逆に驚くほどの弱さも強調される。全体的には子育てでアップアップの場面ばかりである。

女の子は女の子として、男の子は男の子として自立していく姿まで描かれており、時間としては14年ほどになるのだろうか。

「サマーウォーズ」を地上波で、「時をかける少女」をレンタルDVDで鑑賞したあとに、いまの嫁を誘って劇場で鑑賞した。2012年の夏は細田作品を3作ほぼ同じ時期に視聴したわけだ。テレビも細田守には大きな期待を掛けていたようだった。

会社の同僚で仮面ライダーの変身ベルトを収集していた人物が大の細田ファンで、おそらくこの作品がきっかけで結婚、多分3人ほど子供がいるはずだ。子供好き(特に少女)を公言しながらまったく子育てをしなかった宮崎駿には絶対に作れない作品なので、この映画の完成度の高さにはすっかり満足したものだ。子供が嫌いな奴はこの作品から急に細田を叩き出したが。

☆5.0。これも大好きな作品。ところが、次作の「バケモノの子」を見たという記憶がない。そのうちそのうちと言いながら忘れてたかもしれない。そのうち観る。


おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)

おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)

  • 作者: 細田 守
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/06/15
  • メディア: Kindle版



おおかみこどもの雨と雪 絵コンテ 細田守 (ANIMESTYLE ARCHIVE)

おおかみこどもの雨と雪 絵コンテ 細田守 (ANIMESTYLE ARCHIVE)

  • 出版社/メーカー: メディア・パル
  • 発売日: 2012/07/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



角川アニメ絵本 おおかみこどもの雨と雪 ( )

角川アニメ絵本 おおかみこどもの雨と雪 ( )

  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/07/15
  • メディア: 単行本



おおかみこどもの雨と雪 (つばさ文庫)

おおかみこどもの雨と雪 (つばさ文庫)

  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/07/15
  • メディア: 単行本



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。