SSブログ

「プロジェクトA2 史上最大の標的」(1987年作品)感想 [映画]

ジャッキー・チェン監督による香港のアクション映画。出演はジャッキー・チェン、マギー・チャン、ロザムンド・クワン、カリーナ・ラウ。

<あらすじ>

サンサンとソウリンは花を売りながら革命資金を集めていた。そこに腐敗した警官たちがやってきて因縁をつけて金を奪おうとした。それを助けたのがドラゴンだった。彼は腐敗警官を逮捕して連行するがすぐに釈放。上司に報告しようとするとリンチに遭いかけた。

そんな腐敗警官を一掃するために新しく新任の署長になったのが、海賊退治で名を馳せたドラゴンだった。彼は腐敗撲滅を宣言したが、危険な目に遭いたくない警官たちは辞表すると言い出した。仕方なく腐敗の温床であるタイガーの逮捕に向かうと反撃された。それを救ったのは、彼の古巣の海上警察だった。彼らはドラゴンのピンチを聞きつけて演習を中断して駆けつけてくれたのだ。

ドラゴンは腐敗一掃を推し進めた。警官が言うことを聞かなくなったことに焦った前署長のチンは、警察局長とともにドラゴンを追い払うことを画策する。そこにサンサンとソウリンのダイヤ強奪事件が加わり、ドラゴンは総督の娘のネックレスを奪った罪を着せられてしまう。

無実を証明するためにソウリンの家へ向かうと、不審な男に加えてまた別の一派が隠れ潜んでいた。彼らは清朝の反革命分子であった。さらに海賊まで加わり、海賊と因縁のある海上警察らが入り乱れて街は大変な有様となってしまった。

ドラゴンはチンの息のかかった男に移送されることになった。途中で殺されかかるが、怪しい男ことマンと仲間たちに助けられる。彼らはサンサンとソウリンを助けてくれたドラゴンに宝石泥棒の罪を着せたことを後悔していたのだ。彼らはドラゴンを勧誘するが、ドラゴンは警察を辞めるつもりはなかった。

いったん壊滅させられた海賊たちは金に困窮しており、薬も買えないありさまだった。そんな彼らをドラゴンは金を立て替えて救った。

チンは清朝の武官らと手を結び、革命分子を討伐して名をあげようとした。ドラゴンはマンやサンサンらを救おうとしたものの力及ばず、革命分子の名簿を手渡された。チンと清朝武官らに追われたドラゴンだったが、危ういところを海賊たちに助けられた。

<雑感>

香港返還の10年前の作品。香港は97年の統治権の移譲と今回の治安維持法で完全に死のうとしている。もうダメだろうな。

落下アクションで有名になった前作からさらに落下シーンが増えており、ジャッキー・チェンは相変わらず何度も死にそうになっている。階段から落ちるシーンでは顔面を強打して歯が折れてるし。日本の70年代の特撮作品も大概めちゃな撮影をやっているが、香港映画はその比ではない。

日本でジャッキーに対抗できそうなのは真田広之くらいなものだった。真田広之のスタントも大概むちゃしている。トム・クルーズなどもそうだが、恐怖心とかどうなっているんだろうな。ネジが10本くらい抜けているのか、わざと抜いているのか。とにかく凄い。

☆4.5。おそらくアクション映画の極北。カンフー映画時代に培った技術を上手く警察ものに落とし込んであって最高のアイデアである。


香港のてざわり

香港のてざわり

  • 作者: 大山顕
  • 出版社/メーカー: 本の雑誌社
  • 発売日: 2020/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



国内発送・香港SCUD監督映画「三十児立」出演俳優特製写真集「旭」シリーズ第2号

国内発送・香港SCUD監督映画「三十児立」出演俳優特製写真集「旭」シリーズ第2号

  • 作者: SCUD
  • 出版社/メーカー: ノーブランド品
  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: ペーパーバック



フィルム・アート―映画芸術入門―

フィルム・アート―映画芸術入門―

  • 出版社/メーカー: 名古屋大学出版会
  • 発売日: 2007/09/20
  • メディア: 単行本



香港 返還20年の相克 (日本経済新聞出版)

香港 返還20年の相克 (日本経済新聞出版)

  • 作者: 遊川和郎
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2017/06/29
  • メディア: Kindle版



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。