SSブログ

「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」(2009年作品)感想 [映画]

坂本浩一監督による日本の特撮ウルトラマン映画。出演は南翔太、黒部進、森次晃嗣、小西博之。

dbugdm.jpg


<あらすじ>

炎の谷に封じられたギガバルトナイザーを強奪したザラブ星人は、宇宙牢獄に封印されていた最強最悪のウルトラマン、ベリアルを復活させた。ギガバトルナイザーをザラブ星人から奪い去ったベリアルは光の国のプラズマスパークのエネルギーコアを強奪した。これによって光の国は氷に閉ざされてしまった。

凍結を免れたウルトラマン、セブン、メビウスは、バトルナイザーの秘密をよく知るレイオニクス星人のレイに協力を求めることにした。そのころ怪獣墓場ではベリアルがギガバトルナイザーを使って100体の凶悪怪獣を蘇らせていた。

レイとともに光の国に戻ったメビウス=ミライは、シャプレー星人の攻撃を退けハヤタ、ダンと合流した。凍結した光の国では彼らはもう変身できなかったが、タロウが残してくれた僅かなエネルギーを使って変身すると、急ぎ怪獣墓場へと赴いた。

そのころスペースペンドラゴンのメンバーはレイを探す旅に出るかどうか迷っていた。そのとき船内にゼットン星人が姿を現し、彼らを皆殺しにしようとした。ゼットン星人を追いかけてやってきたのはウルトラマンダイナ=アスカ・シンだった彼はナースを倒すとダイナの案内で怪獣墓場へと向かった。

ベリアルを制止すべく怪獣たちと戦ったウルトラマン、セブン、メビウス、レイであったが、レイブラッド星人の闘争本能に火が点いたレイが暴走して逆に彼らを窮地に陥れてしまった。セブンがアイスラッガーを使ってレオに救援を求めた。

K-76惑星のレオの元で懲罰的特訓を受けていたウルトラマンゼロは、レオの許しを得て父であるセブンの救出に同行できることになった。

ベリアルはギガバトルナイザーで怪獣たちと合体した。その力は強大でウルトラマンの力でも倒すことが出来なかったが、冷静になったレイの助けとゼロの力によって彼の命は尽きることになった。しかし、ギガバトルナイザーはベリアルをも蘇らせる力を秘めていたとは知る由もなかった。

<雑感>

大好きな「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」「ウルトラマンメビウス」などの世界観を統合して、さらに別宇宙からダイナまでも駆けつけてくる超豪華なウルトラムービー。この作品でセブンの息子ゼロがデビューすることになった。声優は宮野真守。

怪獣プロレスという言葉は昭和において作品ごとにレベルが下がっていたゴジラ映画を揶揄する言葉として誕生したが、当時の子供は怪獣プロレスを嫌ってなどいなかった。むしろ怪獣同士の戦いやウルトラマンとの戦いは快感であったのだ。

飛び交う咆哮、舞い上がる土煙、崩れ去るビル群、薙ぎ倒される木々、爆発する石油タンク。これら豪快なシーンを子供たちはワクワクして楽しんでいた。怪獣プロレスは大人にとっては侮蔑語だったかもしれないが、子供にとってはそれこそお目当てのシーンだった。

「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」は宇宙を駆け巡るスペースペンドラゴンの活躍に怪獣同士の大バトルを組み合わせた画期的作品だった。ウルトラ兄弟との接点はときどきしかなく、基本的にレイブラッド星人のレイとスペースペンドラゴンメンバーで話が進んでいった。

ウルトラマンと怪獣が戦うと、正義のヒーローによる怪獣イジメに見えてしまい、ウルトラマンは子供たちの快感のために怪獣をぶっ倒すことが出来なくなっていた。そうした制作上の困難をこの作品はアイデアで乗り越えたのである。バトルナイザーのアイデアによって昔の怪獣たちは蘇ることが簡単にできるようになった。

昭和ウルトラマンときっぱり縁を切った平成ウルトラマンの方向性も良かったが、完全に封印してしまうのももったいなく、様々な試みを経て峻別しながらも共存できる関係が築かれていった。

はず。実はいわゆる平成3部作もちゃんとは観てないし、最近の作品もオーブぐらいしか楽しんでいない。なんだかいろいろ迷っているのは伝わってくる。

なんにせよ、ゴモラを主役級にしたこの作品は、怪獣プロレスの快感を蘇らせてくれた傑作映画なのだ。☆4.5。


大怪獣バトルウルトラ銀河伝説THE MOVIE超全集―愛蔵版 (てれびくんデラックス 愛蔵版)

大怪獣バトルウルトラ銀河伝説THE MOVIE超全集―愛蔵版 (てれびくんデラックス 愛蔵版)

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/12/01
  • メディア: ムック



大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE Visual File

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE Visual File

  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/01/21
  • メディア: 単行本



ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国超全集

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国超全集

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/09/02
  • メディア: Kindle版



コメント(2) 
共通テーマ:映画

コメント 2

A-chan

初めまして。特撮の検索により参りました。
「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」。これは、ウルトラマンゼロの大活躍編で、ウルトラマンベリアルの初登場の映画でしたね。ウルトラマンキングも、奇抜なキャラクターをこれまた奇抜な方が演じられて・・・・・・(笑)。

本作は「大怪獣バトル」と繋がっていて、ウルトラ戦士とゴモラの共闘という珍しい展開がありますが「大怪獣バトル」のエレキングとは別個体とはいえ、ベリアルの怪獣軍団の中にエレキングが存在しているのが少々痛い部分ですね。
この個体は数万年前の「ベリアルの乱」の時代から率いられていたものですが、視聴者の中にはバトルナイザーの仕組みやそれによってに選ばれた怪獣と使い手の心の絆を理解していない人がいるのか、このエレキングをレイくんの仲間だったあの心優しいエレキングと同一個体と思っている人が多い事に愕然とさせられました。

バトルナイザーは怪獣を洗脳して操る機械では無く、使い手と心が通じる怪獣を選んで収納する物ですから、レイくんのバトルナイザーに選ばれたエレキングは、まだ誰かの支配を受けていない無垢な幼体の頃に怪獣惑星の湖に送り込まれたようですね。
危険から身を守るのが精いっぱいの日々の中でも、誰かに飼われていた記憶があるから心の通じる仲間を求めていて、そんな時にレイ、ゴモラ、リトラ、ZAPと出会った・・・・・・そんな感じでしょうね。
ベリアルはギガバトルナイザーにかつての部下だった怪獣達を収納し直したのであって、ウルトラ戦士に恨みの無い怪獣が収納される筈がありません。「大怪獣バトル」の描写を見ても、レイくんの仲間のエレキングの魂が怪獣墓場では無くバトルナイザーの中に眠っているのは確かですから。

ともあれ、別個体とはいえ味方だった怪獣と同種の怪獣を敵側に据え置いてしまうのは、作り手も少々配慮に欠けていたかもしれませんね。
by A-chan (2021-03-19 01:14) 

ダグラム

A-chanさんへ

エレキングにそんな議論があるとは知りませんでした。最近の作品には詳しくないので。

by ダグラム (2021-03-19 23:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。