SSブログ

「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」(1984年作品)感想 [映画]

押井守監督による「うる星やつら」劇場版第2作。

uybd.jpg


友引高校学園祭前日、生徒たちは泊まり込みで最後の追い込みをかけていた。夜が明ければ学園祭当日。誰もがそう信じて準備を行っている。しかし彼らは同じ時間を何度も繰り返していたのだ。

そのことに気づいた面堂終太郎は自宅に隠し持っていたハリアー II戦闘機で友引町全体を俯瞰。するとそこは巨大な亀の甲羅の上に乗っているだけと分かった。彼らが現実を知ったその日から世界は崩壊。友引町の日常は壊れ始めて町は廃墟と化した。

その状態を利用して藤波竜之介一家は浜茶屋をオープン。面堂はレオパルドで砲撃を開始。他の面々は物資だけが豊富に供給される退屈な日常をひたすら繰り返す毎日をただ漫然と生きていた。この状態を記録すべく眼鏡は友引全史の編纂を開始した。

面堂とサクラによって可視化された妖魔夢邪鬼は、これがラムの世界であることを告白。彼がラッパを吹き鳴らすと獏が出現してこの作り物の夢の世界を食い尽くしていった。こうして友引町は夢の空間から解放され、元の時間軸へと戻された。

【雑感】

多くの人に影響を与えた作品で、その中の何人かはのちに表現する立場になっていった。名前を挙げていくときりがないほど大勢いる。

当時テレビシリーズもまだ続いていたのだが、押井はすでにテレビシリーズの監督は交代しており、押井の個性で作られていたテレビ版の「うる星やつら」はごく普通のラブコメに成り下がっていた。押井演出の面白さに興味を持って視聴を続けていた層はテレビ版を見限り、営為製作中だというこの劇場版を待ち望んでいたものだ。

語られつくした感がある作品ではあるが、ほぼ押井の創作であるアニメ版の眼鏡が語る「友引全史」朗読シーンのような演出ができる監督はいまだ現れていない。まさに独特なのである。古い作品と毛嫌いをせず、見ておいて損はない傑作映画だ。

劇中で友引高校の建物が2階建てなのか4階建てなのかと議論になり、なぜかスタッフが謝罪する事件も起きたが、あれは別に間違って4階建てにしたわけじゃないのになぜ謝ったのかいまだによくわからない。プロデューサーが勝手によくわからないまま謝罪だけしたのかも。

アニメの中の高校の文化祭シーンがいまのようなあり得ないほど凝ったものになったのは間違いなくこの作品の影響である。☆5.0。アニメ作品として破格の影響を遺した映画だった。


うる星やつら もちもちテンちゃん

うる星やつら もちもちテンちゃん

  • 出版社/メーカー: 三英貿易(Sanei Boeki)
  • 発売日: 2018/12/28
  • メディア: おもちゃ&ホビー



うる星やつら/トートバッグ/IG2672

うる星やつら/トートバッグ/IG2672

  • 出版社/メーカー: イン・ロック
  • メディア: おもちゃ&ホビー






うる星やつら コインケース (ラムちゃん)

うる星やつら コインケース (ラムちゃん)

  • 出版社/メーカー: トーシンパック
  • 発売日: 2015/06/05
  • メディア: おもちゃ&ホビー



コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。