SSブログ

「シャイニング」(1980年作品)感想 [映画]

スタンリー・キューブリック監督によるホラー映画。原作はスティーヴン・キング。主演はジャック・ニコルソン。

冬季中のホテルの管理の仕事に就くため、ジャック、妻のウェンディ、息子のダニーはオーバールック・ホテルへとやって来た。そのホテルは以前の冬季期間中に主人が発狂して家族を斧で斬殺する事件が起こっていたが、小説家志望で金のないジャックは気にしなかった。

息子のダニーは見えないものが見えるシャイニングという能力の持ち主で、このホテルには何かがいるのを察知した。だが父はそんなことは気にも留めずに小説の執筆にとりかかった。

コロラドは雪に覆われ、家族3人だけの閉ざされた生活が始まった。ダニーは何者かによる干渉を受け続け、ダニーの異変に母のウェンディは気が狂いそうになった。だが1番影響を受けたのは父であるジャックだった。ジャックは狂乱状態となり、家族を殺すために暴れまわった。

ダニーを医者に見せる必要が出て、ウェンディは車で出掛けようとした。ところがジャックはこれは反対して邪魔をした。ウェンディは夫を殴り倒して閉じ込めた。だが車はすでに使えなくされていた。

激怒したジャックはウェンディとダニーを斧を持って追い掛け回した。危うく殺されそうになったものの、ジャックが殺した男が乗ってきた雪上車を奪って母子は何とか逃げ延びた。

ジャックは凍死した。

という話だが、ただのホラーじゃなくて映像に大きな特徴がある。

左右対称な構図、文様、直線的な動きの中の揺らぎ。ぶれないカメラ。これらの映像あっての作品であった。

左右対称というのは、中心部分に鏡を置いた鏡面対照のこと。おそらく左側が此岸こっちの世界、右側が彼岸あっちの世界。これをガッチリ対称のまま構図を崩さずに固めてある。人物はその中心を右へ行ったり左へ行ったりフラフラするのだ。これで境目で迷っていることを表現している。

ジャックが気狂いになる描写が怖い映画ではあるが、ジャックは生きながら此岸から彼岸へ移動しており、個人的にそのポイントがどの辺なのか探りながら視聴していた。

ところがどうもホテル自体が家族を受け入れたときにはすでに此岸と彼岸の境目みたいになっていて、ああだから左右対称の合わせ鏡のような構図になっていて、此岸と彼岸の境目にあるホテルなのだと意味しているのだなと気づいた。左右対称の構図云々は映画ファンからよく聞かされていたが、その意味が分かっている人はあまりいなかったので、やはり作品は観ておくべきだなと思った次第。

ダニーやハロラン(ホテルのコック)はシャイニングなのだが、それは本来此岸にいながら彼岸を垣間見る能力。それがホテルの中では彼ら自身がその境目に位置してしまうために、ホテルに何かがいると察知しているのも、此岸で察知しているときと彼岸にいて見えてしまうときがある。

ダニーが絨毯の上で汽車のおもちゃで遊んでいて、そのど真ん中にボールが転がってきて何もかも左右対称なところでピタッと止まる場面は、ダニーがちょうど真ん中にいることを表現してある1番わかりやすいシーンだ。

人物が走って逃げるときなどは、此岸と彼岸の真ん中をカメラが移動する。ぶれないカメラで対象を保ったまま、人物だけがゆらゆらと揺れ動く。この演出は此岸と彼岸の境目にあるホテルであることを意味していたのだ。

一貫して此岸に居続けたのはウェンディ。だから彼女を追い詰めるときはジャックはかなり暴力的に扉を壊すしかなかった。これは此岸と彼岸の壁であって、現実世界しか見えず此岸に居続けているウェンディと、完全に彼岸に囚われてしまったジャックとの壁を意味している。

その前の部分でジャックとウェンディが噛み合わない会話をするところなどは、左右対称の構図は用いられず、カメラはジャックがいる彼岸側から押していくか、ウェンディがいる此岸側が後ろへ下がるかしかない。ウェンディは彼岸が見えていないので、境目に立つことはないのだ。

一方彼岸が見えてしまうダニーは、母親と違って迷路に入ってジャックと追いかけっこをする。これは両者とも此岸と彼岸の境目に迷い込んだことを意味しており、ジャックはその迷路の中で自分を見失っているけども、ダニーはまだ正気を保って脱出路を探しているという意味だ。

壁を壊さなければウェンディに近寄れなかったシーンと、迷路のシーンは対になっていて、ウェンディとダニーの立ち位置の違いを表現している。ジャックは双子やコックを殺すところではまだ境目にいたのに、ふたりを殺そうとしたときは完全に彼岸の人間になってしまっている。

此岸と彼岸の境目を表現したのがこの映画の演出の肝だとわかると、最後のホテルの記念写真の意味もすぐに分かる。あれは此岸でのことで、そこでのジャックはちゃんと仕事をやり終えて、みんなと記念撮影をしているのだ。一方、鏡合わせのもうひとつの世界である彼岸に囚われたジャックは凍死している。時代がずれているのは、オーバールック・ホテルのあちら側にいた霊が昔ちゃんと仕事をやり終えたジャックで、ルーズな作家志望の新しいジャックに我慢が出来なかったということだ。

ホテルで以前にも殺人があったという話を聞いたとき、ジャックは此岸にいたはずだが、そもそもその噂自体が彼岸での現実であって、此岸、こちら側の世界では起こっていないのかもしれない。

これは面白かった。ホラー禁止の家で育ったオレは未視聴だったのだが、やはりスタンリー・キューブリックは違うな。ちゃんと考えられているし、深い。世界観を映像で説明できている。こんな素晴らしい監督はそうはいない。

原作のスティーヴン・キングは内容を改変させられて激おこだったらしいが、これはスティーヴン・キングが悪い。ちゃんと原作の要点を掴んで、表現してあるのだから。ストーリーテラーのキングと思索的映像作家のキューブリックでは合わなかったか。

とにかくこれはスタンリー・キューブリックが映像で表現した「シャイニング」であり、物語で表現されたキングの「シャイニング」ではない。おそらくどちらも面白いだろうが、物語的な視点でしか物事を理解できないキングは映画への理解が足らないと言われても仕方がない。

実際キングが監督した映画はそんなに面白くないしな。

















コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントの受付は締め切りました