SSブログ

「ノクターナル・アニマルズ」(2016年作品)感想 [映画]

トム・フォード監督によるスリラー映画。主演はエイミー・アダムス、ジェイク・ジレンホール。

男女の気持ちのすれ違いをスリラー風に仕立てた作品。スリラー要素とは元夫から送られてくる不気味な小説のことで、タイトルは「夜の獣たち」。ここが重要。

スーザン・モローは芸術家肌の夫を捨てて金持ちと結婚した女。新しい夫は浮気しているが彼女には隠していない。彼女は現実に苦しめられ、不眠症になりながらも現実に満足して生きている。

そんな彼女のところに元夫から小説を書いたから感想を聞かせてくれと物語が送られてくる。タイトルは「夜の獣たち」。読み始めると、元夫と妻である自分が道路で暴漢に襲われ、妻と娘はレイプの末に殺害され、生き延びた元夫が殺人犯に復讐する話だった。

少なくともスーザンにはそう思えた。

読み進めるたびに物語が現実とリンクしているのではと心配になったスーザンは、現実で何が悪いことが起こるのではないかと不安になってますます不眠症が酷くなる。最後にはこの物語は元夫の自分への復讐ではないかと考えるようになる。しがない教師で作家志望の元夫が、金持ちと結婚して裕福な生活をしている自分をうらやんで嫌がらせをしたのではないかと。

そこに元夫から会いたいとの連絡が入る。レストランを予約したスーザンは、彼が好きだった昔の自分になりきって彼を待っていたが、彼は姿を現さなかった。

こんな話。

最初に書いたようにこれは男女の気持ちのすれ違いを書いたもので、夢見がちな元夫は理想主義者のメタファーで、スーザンは現実主義者のメタファー。芸術に憧れて純粋だったころの自分(元夫のパートナーであり理解者のふりをしていた少女)と、生きていくためにお金を欲するようになった自分が対比させてある。

劇中小説「夜の獣たち」の獣とは現実主義者たちのことで、人が夢見ている時間にも存在する社会=現実ということ。この小説の中で、元夫がドライブする古いベンツが暴漢に襲撃されて妻と娘がレイプの末に殺されるけども、これは理想世界から現実世界に妻と娘が連れ去られたということで、妻に復讐するために小説の中で殺したわけではない。

元夫は現実世界に連れ去られた妻と娘のことを気遣い、最後まで頑張って暴漢に復讐するのだが、それらはスーザンの解釈であって、元夫が小説「夜の獣たち」の主人公というわけではない。スーザンが勝手にそう解釈しているだけなのだ。

スーザンの小説に対するスタンスは、理想主義者が現実世界を破壊しようとしているという解釈(復讐譚)と、理想主義者が現実主義を打破して自分を助けようとしている(救出譚)の間で揺れており、彼女は現実世界の幸福をキープしたままで、自分を助けてくれる王子さまを求めて偽りの姿(昔の自分のように化粧っ気のない純粋な女性)を装ってレストランで待っていたが、彼(元夫・理想主義のメタファー)はやって来なかった。

このラストによって、物語は再解釈を求められることになる。

この物語は、話の筋を追って最後まで視聴した人が、物語が終わってから話の筋を再解釈することで成り立っている。スーザンは作家志望だった元夫に理想を追い求めて生きる人間の自由を感じており、現実世界で苦しむ自分を救ってくれるよう心の底で願っていた。

だが自分は現実世界の経済的な成功を捨てきれなかったために、彼に会えなかったのだ。

彼(元夫)がメタファーであるために、彼らから送られてきた小説が実在するのか否か、メールは送られてきたのか否か、そもそも元夫が存在したのか否かは、重要な問題ではなくなるところがポイントだ。だから、なぜ元夫が再会の約束を反故にしたのかは考える必要はなく、スーザンが過去の理想を追い求めて生きていたころには戻れなかったという部分に着目しないといけない。

これはタニス・リーなどの世界観と同じで、男は理想主義で女は現実主義、両者はいつまでもすれ違うだけとの人間観察に基づく作品だ。男性による女性への軽い蔑視ではなく、女性であるタニス・リーすらそう書かざるを得ないように、母になるべき存在とはそういうものなのだ。

映画としては素晴らしい作品であった。ただ、観終わった作品を解釈する習慣のない人にはさっぱりわからないかもしれない。


ノーゲーム・ノーライフ ステファニー・ドーラ 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

ノーゲーム・ノーライフ ステファニー・ドーラ 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

  • 出版社/メーカー: ファット・カンパニー(Phat Company)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



桜ミク オリジナル 桜ミクフィギュア 全1種

桜ミク オリジナル 桜ミクフィギュア 全1種

  • 出版社/メーカー: タイトー
  • メディア:



冴えない彼女の育てかた♭ 霞ヶ丘詩羽 水着Ver.  1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

冴えない彼女の育てかた♭ 霞ヶ丘詩羽 水着Ver. 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

  • 出版社/メーカー: グッドスマイルカンパニー(GOOD SMILE COMPANY)
  • メディア: おもちゃ&ホビー






コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。