SSブログ

「ランボー 最後の戦場」(2008年作品)感想 [映画]

シルヴェスター・スタローン監督・脚本・主演によるアメリカのアクション映画でシリーズ4作目。出演はシルベスター・スタローン、マシュー・マースデン、グレアム・マクタビッシュ。

<あらすじ>

タイの山奥で蛇を捕まえながら隠遁生活を送っていたランボーのところに、キリスト教系NGO団体がやってきて、隣国ミャンマーまでの道案内を依頼する。ミャンマーは軍事政権によって少数部族に対する人権弾圧が続いており、NGOはその支援のために秘かに入国したがっていたのだ。

気乗りしないランボーだったが、仕方なく彼らをボートでミャンマーへ送り届けることにする。ところが彼らはミャンマーの将軍に捕まってしまった。ランボーもまた彼ら軍事政権の兵士たちが少数部族を虐殺した現場に遭遇し、あまりの酷さに怒りを覚えた。

行方不明になったNGOを救出するために傭兵団が組織され、またしてもランボーが彼らを送り届けることになる。傭兵団はイキり倒してミャンマーに乗り込むものの、カレン族という部族が虐殺されている現場に遭遇してビビり、急に今後のことで揉め始める。そこにランボーがさっそうと登場して殺されそうになった傭兵団を助けた。

ランボーという力強い兄貴に励まされ、傭兵団は活動を再開。NGOを救出して無事に(あまり無事じゃないが)ミャンマーから脱出して物語は終わる。

<雑感>

ラストシーンでランボーが故郷に帰るシーンがあって、おそらくこれはベトナム帰還兵であったランボーがアメリカという国家を赦し、軍人であった時代を胸にしまって、幼少期から現在までの自分の歴史を繋げるくらいの意味合いだと解釈した。

「ランボー」はベトナム帰還兵が、アメリカに自分の居場所がないと悩んでその戦闘スキルで多くの事件を起こしてしまうという内容がそもそもの発端なので、2と3についてはまあ横に置いといて、1の心情に決着をつけたというのがオレの感想だった。そんなに悪くはない。

社会派ドラマであったのにアクションシーンの格好良さからすっかりキャラ化してしまった「ランボー」だが、公開当時、ベトナム帰還兵の惨めな退役後の生活は社会問題になっており、多くの左派映画人が逃げていた題材を真正面から扱った無印の功績は大きい。

その後80年代のアメリカ再起動によってちょっと方向はズレてしまったが、こうして故郷の土を踏むランボーは感慨深いものがある。

☆4.2。オレは結構気に入ったかな。








業務用シューアイス バニラ 27gx15個

業務用シューアイス バニラ 27gx15個

  • 出版社/メーカー: 東商マート
  • メディア: その他



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。