SSブログ

「ロッキー」(1976年作品)感想 [映画]

ジョン・G・アヴィルドセン監督による「ロッキー」シリーズの第1作作品。脚本・主演はシルヴェスター・スタローン。

この第1作は本当に名作。スタローンの脚本というのが信じられないくらい良く出来ている。

フィラデルフィアの場末のリングに立っていたロッキー・バルボアというイタリア系ボクサーが、ひょんなことから世界チャンピオンに挑戦する権利を得て、ミッキーを相棒にもう一度自分を鍛え上げ、チャンピオンのアポロに挑んでいく話だ。

ロッキーはペットショップで働くエイドリアンという女性に恋しており、しつこいくらいに店に通いつめていた。ところが内気なエイドリアンはなかなか彼を受け入れることが出来ない。ようやく感謝祭の夜をきっかけに親しくなったものの、そこに降って湧いたように世界タイトル挑戦が決まった。

過酷な練習に耐え抜き、フィラデルフィアの仲間に支えられ自信をつけていくロッキーだが、チャンピオンに勝つイメージより、15ラウンドまで戦い抜いて自分がただの街のチンピラじゃないと証明したかった。彼が欲していたのは自分自身への自信であった。

そして彼は戦い抜き、エイドリアンの名前を叫び続けた。ここで物語は終わり。

最初に観たのは映画館。小学生だったので誰かと一緒だったはずだが覚えていない。ラストシーンは館内の人たちと一緒に号泣したものだ。

難しい話ではないところと、エログロシーンがまったくないところが全世代に受け入れられた要因だ。錆びついて自信を失った男が復活する部分はサラリーマンに受けたし、特訓シーンは子供に大ウケだった。あまり美人じゃない地味な女性が美形なイタリア系アメリカ人と恋仲になるところは女性にウケた。フィラデルフィアの人たちの温かさは老人にウケた。

まさに全世代適応型の万能脚本だったのだ。なかなか狙ってできるものではない。スタローンの単純だが素直な感性がこのまっすぐな脚本を書くのに役立ったのだろう。

「ロッキー」と「天国から来たチャンピオン」は本当に名画だ。











コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。