SSブログ

「空の大怪獣ラドン」(1956年公開)感想 [映画]

東京、大阪を巨大怪獣に蹂躙された日本は、さらに九州さえも空の大怪獣の餌食にされてしまう。

RODAN.jpg


ラドンは、確か東宝の怪獣映画としては初めてのカラー作品だったはずだ。

この作品の魅力は、何といってもミニチュアによるラドン被害の描写のすばらしさ。ラドンが巻き起こす突風に瓦が吹き飛ばされるシーンなど、迫力満点。

脚本が不思議な魅力に満ちており、巨大なヤゴの出現と、主人公の記憶喪失、謎の飛行物体の出現などが巧みに交差されている。

ラストシーンの、阿蘇山噴火に巻き込まれてラドンが死ぬ場面は唐突であるものの美しくさえある悲しみが表現されている。実際は撮影時に炎を上げすぎてラドンの模型が燃えてしまった失敗シーンなのだが、炎の中からラドンを必死に引っ張り上げようと奮闘したところ、それがかえって迫真の演技になっているというところからそのまま映画で使われた。

このシーンをラストにしたために、ラドンが2頭いるという部分はおざなりに処理され、その適当さがのちにラドンをゴジラ映画の常連にする。

また、映画で破壊された橋が前年に完成したばかりの実際の橋であったために観光客が殺到、そうした部分も東宝怪獣映画の要素の一つとして定着していく。

不思議な魅力に満ちた脚本と映像の素晴らしさもあって、いまなお映画としての鑑賞に堪えうる作品と言っていい。


ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ラドン

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ラドン

  • 出版社/メーカー: バンダイ(BANDAI)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ラドン2019

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ラドン2019

  • 出版社/メーカー: バンダイ(BANDAI)
  • メディア: おもちゃ&ホビー









ゴジラ 真撃大全2 [11.ラドン](単品)

ゴジラ 真撃大全2 [11.ラドン](単品)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。